乗り物についてあれこれ調べてみました。

WiFi付きのSDカードってどんなもの?機能やおすすめ商品もご紹介します!

投稿日:2019年3月14日
更新日:

WiFi付きのSDカードってどんなもの?機能やおすすめ商品もご紹介します!

WiFi付きSDカードについてご紹介します!

これまでは、カメラで撮った写真をスマホに移すとき、SDカードをパソコンに差して画像をスマホに転送する必要がありました。

WiFi環境がない場合や、Bluetooth非対応の場合は、パソコンとスマホをつなぐケーブルが必要になるので、せっかく撮った綺麗な写真をすぐにシェアできなくてイライラした人も多いかと思います。

しかし、WiFi機能付きのSDカードなら、パソコンに移動することなくスマホに直接転送できます!

カメラで撮った写真をすぐにシェアしたいという方向けに、今回はWiFi機能付きSDカードでできることや、おすすめ商品などをご紹介いたします。

WiFi機能付きのSDカードって?

WiFi機能付きSDカードとは、SDカードにWiFi(無線LAN)の機能を搭載したモノです。

  • Wi-Fiは、ネットワークに接続することができる機器を無線(ワイヤレス)でLAN(Local Area Network)に接続できる技術のこと。
  • SDカードは、スマートフォンやデジタルカメラといった端末(デバイス)の記憶(データ)容量を補助するためのカード型の外部記憶媒体のこと。

そのため、Wi-Fi機能付きSDカードは、無線(ワイヤレス)で端末(デバイス)にデータを送ることができるアイテムということになります。

ただし、これらのSDカードはルーターではないので、他の機器をネットに繋ぐことはできません。

WiFi機能付きのSDカードにはこんな使い方が!

WiFi機能付きのSDカードが使えるのは、カメラだけではありません。

例えば、プリンターでスキャンした画像をPCを介さずにそのままスマホで見たり、ドライブレコーダーで録画した映像をスマホで見たり、なんて使い方もできます。

防犯カメラなどにもニーズがあります。

WiFi機能付きのSDカードは必要?

WiFi機能付きのSDカードはとても便利ですが、実はカメラ本体にWiFiやBluetooth機能が搭載されているものが増えてきています。

そのため、これからカメラを買おうと考えているならWiFi機能が搭載されている機種を選んだほうが無難です。

WiFi機能付きSDカードは、ものによってはカメラに対応していないことがあるので、WiFi機能付きのカメラならそれを確認する手間をはぶけます。

さらに、WiFi機能付きSDカードの市場も縮小傾向にあるので、商品のサポートが受けづらくなる可能性もあります。

また、SDカードリーダーのついていないスマホに外付けでSDカードリーダーを接続するアイテムもあります。

カメラに対応していないかもしれないWiFi機能付きSDカードを買うよりも確実ですが、SDカードをカメラから抜き差しする手間があり、持ち物も増えてしまいます。

しかし、スマホで撮った写真を容量オーバーになる前にSDカードに接続して保存するといった使い方ができます。

ケーブルで接続するものとワイヤレスで接続するものがありますが、iPhone等のApple製品と接続する場合は必ずMFi認証品を選びましょう。

MFi認証とは?

「MFi」とは、「Made For iPhone/iPad/iPod」の略称で、iPhoneやiPad、iPodといったApple機器向けに作られた製品を指します。

MFi認証された製品は、Appleが定めている性能基準を満たしているということになり、いわば「Appleが公式に認定して製品」であることを示しています。

MFi認証製品は、パッケージなどにMFiロゴがついていますので、購入前に確認してみてください。

WiFi機能付きのSDカードは東芝しか生産を継続していない

WiFi機能付きのSDカードは、東芝の製品以外の選択肢がほとんどありません。

その理由は、WiFi機能付きSDカードの市場が縮小した結果、東芝以外が撤退してしまったからです。

東芝以外のSDカードもまだ出回っているのですが、どんどん値段が高騰している状況です。

しかも、ほとんどが海外製なので、これから新たに購入するなら東芝!と言っても過言ではないと思います。

WiFi機能付きのSDカードを買うなら東芝「FlashAir」

「FlashAir」は東芝唯一のWiFi機能付きSDカードのシリーズです。

それなりに安価で、国内メーカー製であるため安心です。

そんな「FlashAir」の特徴をまとめてみます。

  • 一度に最大7台のデバイスに接続できる
  • 高速でのデータ転送が可能で、待ち時間や転送エラーも比較的少ない
  • 省エネ機能付き
  • 専用アプリで簡単に管理

日常で使うのであれば、32GBのものがお手頃だと思います。

転送速度に差が出るので、できるだけ最新のものを選ぶと良いでしょう。

また、東芝公式がYouTubeでFlashAirの使い方を解説しているため、参考にされてみてはいかがでしょうか。

東芝以外のWiFi機能付きSDカードを買うなら?

実は東芝以外のWiFi機能付きSDカードには、FlashAirには無い機能が備わっているものがあります。

ひとつひとつ比較していくので、「FlashAir」以外のSDカードを検討するならこちらを参考にしてみてください。

バッテリー消費を抑えたいならOSEI「ezShare」

バッテリーの消費を抑えたい場合の選択肢として挙げられるのは、OSEI「ezShare」。

しかし、「FlashAir」でも省エネ機能が備わっているので、後は好みの問題になるかと思います。

ezShareの特徴をまとめると、

  • 一度に最大5台のデバイスに接続できる
  • 専用アプリで簡単にデータプレビュー
  • WiFiの電源をON/OFFできるスイッチがあるからバッテリーの消費を抑えられる

となります。

旅先や女子会等で撮った写真をその場で友達とシェアしたい方にはおすすめです。

microSDカードを持っているならPQI「Air Card 2」

すでにmicroSDカードを持っているなら、PQI「Air Card 2」がオススメです。

WiFi機能付きSDカードよりも安く購入でき、基本的な機能もほとんど搭載されています。

ただし、最新機種ではうまく動作しない可能性があるため、購入前に確認しましょう。

Air Card 2の特徴をまとめると、

  • microSDカードを差すことでWiFi機能付きにできる
  • 一度に最大3台のデバイスに接続できる
  • 専用アプリで簡単に管理
  • 最新機種ではうまく動作しない可能性が高い

となります。

使っているmicroSDカードを無駄にしたくないという方におすすめの商品です。

セキュリティが心配ならEyefi「Mobi」

セキュリティが心配な方にオススメしたいのは、Eyefi「Mobi」。

WiFi機能付きSDカードの先陣を切ったのもEyefiの製品。

しかし、2017年で撤退しており、少々割高になってしまいます。

「FlashAir」にはない機能が魅力的なSDカードです。

Mobiの特徴をまとめると、

  • JPEG画像だけでなく、RAW画像も転送できる
  • 自動転送タイプ
  • 専用アプリは撮った写真を自動的に日付順に整理してくれる
  • 専用アプリで画像のトリミングや回転などの編集もできる
  • セキュリティコードあり
  • データ保存先は3ヶ月しか無料で利用できない
  • カメラの電源を切らないと消耗が激しい
  • その場のWiFiに影響を受けやすい

となります。

自動的に日付順に整理してくれる機能は、旅先で撮った場合などで重宝すると思いますので、旅行好きな方におすすめです。

本格的な写真を撮るならEyefi「Mobi Pro」

Eyefi「Mobi Pro」は、上で紹介した「Mobi」よりも本格的な機能が搭載されている製品です。

プロ向けの仕様が多く、非常に高価であるため、初めて買うWiFi機能付きSDカードとしてはちょっと敷居が高いかもしれません。

Mobi Proの特徴をまとめると、

  • JPEG画像だけでなく、RAW画像も転送できる
  • 自動転送タイプ
  • 専用アプリではベストショットのカメラ設定を簡単にチェックできる
  • データ保存先は1年間しか無料で利用できない

となります。

写真を撮ることが趣味で、プロのようなクオリティを求める方におすすめです。

番外編:スマホで転送した画像を加工しよう!

せっかくスマホに直接画像を転送したなら、SNSでアップロードする前にもっと綺麗に画像を加工したくありませんか?

画像の加工はPhotoshopが有名ですが、スマホでも画像の加工ができるアプリがたくさんあります。

その中でも、iOS・Android両方に対応していて、本格的な画像が作れる無料アプリを紹介します!

Photoshop顔負け!?プロの加工ができる「Polarr 写真エディタ」

課金して愛用するユーザーも多いほどに人気のあるアプリです。

もちろん無料で使えますよ!

本格的な色調補正などをスマホならではのタップ・スライド操作で簡単に加工できます。

写真の品質にこだわるなら特にオススメです。

簡単におしゃれなコラージュ画像が作れる「Pic Stitch」

SNS映えといえばコラージュですよね。

しかし、綺麗なコラージュを作ろうと思うと、普通のアプリだとなかなか大変だと思います。

そんなあなたにオススメしたいのが「Pic Stitch」。

コラージュの無料テンプレートが豊富で、テンプレートを選んで写真をはめ込むだけで簡単にコラージュが作れます。

しかもよくある四角形だけでなく、ナナメ分割やちょっとおしゃれなコマ割りもあるので、センスいいねって褒められるかも!?

スマホの壁紙サイズに加工できるのも良いですね。

120円の課金でさらにおしゃれなテンプレートがたくさん手に入るので、コラージュ好きならヘビロテできそう。

写真アプリの歴代トップ7にも選ばれるほどの大人気アプリです。

まとめ

今回は、WiFi機能付きのSDカードについてまとめました。

最近はスマホで綺麗な写真が撮れるようになってきましたが、やはりカメラの方が美しい写真を撮れるということもあり今でも需要があるSDカード。

自分にあったものを選び、忘れたくない思い出を写真に収めましょう!

管理人のイチオシアイテム

  • 3Dスーパーブレードスマートは、乗るだけで全身のエクササイズができるフィットネス器具です!
    「運動が続かない」
    「ジムに通うのは面倒」
    という自宅で手軽にエクササイズしたいと思っている方におすすめです。