乗り物についてあれこれ調べてみました。

贅沢でゆったりとした空間「グランクラス」で新幹線の旅を楽しむ

投稿日:2018年5月1日
更新日:

グランクラスで贅沢な新幹線の旅

電車や列車に興味を持つ人なら一度は乗ってみたいと思うであろう「グランクラス」。

今回は、東北新幹線及び北陸新幹線で乗ることが可能なこのグランクラスの魅力について説明していきます。

グランクラスを存分に楽しめる「はやぶさ」や「かがやき」に乗る前に、ここでその情報をしっかりと押さえておいてください。

こうした列車ではアテンダントのお世話になることができ、美味しい食べ物とも出会え、毛布など睡眠時に活躍してくれる専用アイテムなども使用することができます。

ゆったりゆっくりと快適に贅沢な旅を楽しむことができるでしょう。

グランクラスは常に先頭車両!

10両編成の東北新幹線であれば、グランクラスはその先頭車両である10号車に連結されています。
12両編成の北陸新幹線であれば、グランクラスは先頭車両である12号車に連結されています。

常に先頭車両というだけでも特別感がありますが、車両と車両を行き来する人もいないので、よりプライベートに近い感覚を味わうことができるでしょう。

どんな座席に座ることができるの?

グランクラスはとてもゆったりとした空間が味わえ、これが特徴であり最大の魅力です。

片側に1人分の席が、反対側に2人分の席があり、それが全部で6列用意されています。
つまり、1つの車両に18人分のシートがあることになります。
非常に余裕があることがわかりますね。

シートピッチは130cmもあり足を十分に伸ばすことが可能。
シート幅は52cmですから、これも広々。
グリーン車よりもさらに十分なスペースが確保されているんです。

バックシェルタイプと呼ばれる座席なので、シートを倒しても圧迫感を周囲に与えることがなく、背もたれは45度まで倒すことができます。
これだけのシートが用意されていてくつろげないわけがありません。

飲食やグッズの充実も魅力

グランクラスを利用すると、専任のアテンダントがお世話をしてくれます。
軽いものに限られますが食事も出ますし、ワインなどのお酒も飲むことが可能です。
睡眠時には用意されたアイマスクを使うこともできますし、新聞や雑誌などを読んで過ごすこともできます。

長時間乗っていても、特に不自由に感じることはないでしょう。
むしろ、ホテルのような快適さで移動することができるのではないでしょうか。

気になる食事の内容とは?

食事をとることができると聞くと、それがどのようなものか気になりますよね。
和食と洋食から選択できるのですが、往復で乗る場合、和食であれば行きと帰りで別のメニューを味わうことができます。
洋食メニューはサンドイッチなどで、その時折で変わるのが特徴。
何度乗っても飽きることはないでしょう。

ちなみに、グランクラスの食事は好きな時間に食べることが可能で、こうした自由度の高さも人気の秘密です。

ドリンクやお酒の種類も豊富なんです

食事と一緒に口にしたい飲み物。
これもたくさんの種類が用意されています。

各種ソフトドリンクはもちろん、ワインやビールや日本酒なども用意されており、その数は10種類を超えています。
こちらも食事と同様に好きな時間に注文をし飲むことができますよ。

各種アイテムでストレスなく乗車が可能

長時間の移動で疲れる足元。
でも、グランクラスならずっと靴を履いている必要はありません。
スリッパに履き替えることができるんです。
もちろんこのスリッパも用意してくれていますから、乗客は何も準備しなくても大丈夫。

ブランケットもアイマスクも用意されているので、睡眠もバッチリ取ることができるでしょう。
ちなみに、ブランケットだけは借りる形となっています。

また、「なすの」と「あさま」に関しては専任アテンダントはつきませんので注意してください。

事前にグランクラスの価格確認を

グランクラスを利用する際には、グランクラスに乗るための料金がかかります。
乗車する列車や距離などによって額は異なるため、事前にしっかりと確認をし、チケットの予約をするようにしましょう。

管理人のイチオシサイト

  • TSUTAYA TVは、月額たったの933円(税抜)で映画やドラマ、アニメが見放題の動画配信サービスです。
    毎月配布されるポイントを使えば、新作や準新作も見放題!
    しかも今なら30日間無料で試すことができるので、この機会に無料登録してみてはいかがでしょうか?