乗り物についてあれこれ調べてみました。

新幹線に乗り遅れた・違う列車に乗ってしまったときの対処法と自由席に座るコツ!

投稿日:2017年10月12日
更新日:

新幹線に乗り遅れた・違う列車に乗ってしまったときの対処法と自由席に座るコツ!

新幹線に乗り遅れたらどうしたらいい?

在来線などとは違い、新幹線や特急列車は事前にきっぷを購入しておく人が多いのではないでしょうか。

しかし、何らかの理由で、予約しておいたきっぷの発車時刻に間に合わなかったという経験を持つ人も多いかもしれません。

もし新幹線や特急列車の発車時刻に間に合わなかったときは、どのように対処すればいいのでしょう。
また、どのように対処されるのでしょうか。

そこで今回は、新幹線に乗り遅れたときや違う列車に乗ってしまったときの対処法と自由席に座るコツについてまとめていきます!

新幹線などに間に合うために意識しておきたいことなども紹介していきますので、乗り遅れが不安な方はチェックしてみてください。



新幹線などに乗り遅れたら購入済みのきっぷは無効!?払い戻しは?

事前に予定が決まっている場合、多くの人は指定席を確保しておくと思います。

「駅に着いた頃には乗車予定だった新幹線が発車していた・・・。」
もしそんな状況になってしまったら、手元にある指定席のきっぷ(指定席特急券)はどうなるのでしょうか。

残念ながら、基本的には無効となります。
つまり、そのきっぷは効力を失うことになり、予約しておいた席には座ることができません。

自分のために確保しておいた席はすでに走り出しているわけですから、当然といえば当然ですね。
乗車できなかったとしても、その座席は確保されたまま。
他の乗客は座ることができない状況なので、払い戻しも不可となります。

新幹線が発車する前であれば、その指定席のきっぷを変更することは可能です。
新幹線のホームには間に合わないが、まだ少しだけ時間があるという場合には、駅構内にある近くのみどりの窓口で相談してみましょう。

ここからはもう少し細かいケースに関して見ていきます。



指定席に乗り遅れても後続の自由席を利用することができます!

指定済みの新幹線に乗れずに発車してしまった場合、手元にあるきっぷの全てが無駄になってしまうのかと言えば、そんなことはありません。

そのきっぷを使用し、指定していた列車の後に発車する新幹線に乗ることができます。
ただし、指定席に座ることはできず、利用できるのは自由席に限られます。

列車に乗ると乗務員によって検札が行われますが、前の列車に乗り遅れたことを伝えれば大丈夫。
そのまま自由席に乗り続けることができます。

乗り遅れてしまったが、どうしても指定席を利用したい場合は、再び指定席のきっぷ(指定席特急券)を買う必要があります。
その場合、乗り遅れてしまった列車の指定席特急券は、残念ながら破棄することとなります。



全車指定席の列車で乗り遅れてしまったら?

東北新幹線の一部や成田エクスプレスなどには自由席が用意されていません。

こうした自由席のない、全席指定席の列車の指定席きっぷ(指定席特急券)を持ち、乗り遅れてしまった場合にはどうなるのでしょうか。

後続の列車に自由席がない場合は、立ち席に限り利用することが可能です。
座ることを優先するのであれば、上で触れたケースと同様に、新たに指定席のきっぷを購入する必要があります。

このように、利用する列車によって若干扱いが異なる新幹線や特急列車の指定席きっぷですが、何よりも大事なことは、乗り遅れないようにすること。

もし乗り遅れてしまった場合には上記の例などを参考に、その時々で最良の選択をし対処するようにしてください。



新幹線などに乗り遅れたくない人が知っておきたいこと

ここからは、新幹線や特急列車などに乗り遅れないようにするための意識や動き方などについて紹介していきます。

どれも基本的なことばかりですが、在来線とは多少異なる点もあるため、しっかりと頭に入れながらいざというときに備えましょう。

新幹線のホームには早めに到着しておこう!

言わずもがななことですが、新幹線などに乗り遅れないためには、早めにホームに到着しておかなければいけません。

ギリギリの行動ではダメ。
「早く着き過ぎると時間を潰すのが面倒だから」などと考えるのではなく、まずは列車に乗り遅れないことを最優先し、動くようにしましょう。

新幹線に乗り慣れていない人は、乗車する新幹線のホームまですぐに辿り着けないことも考えられます。

同じ列車に乗る人が長い列を作ってしまうことも多々ありますから、そうした事態も考慮し、遅くとも発車時刻の10分前くらいにはホームに到着しておきたいところです。
混雑する時期には、さらに早い時間に着くようにしておきましょう。

全ては乗り遅れないため、そして、購入したきっぷを無駄にしないためです。



新幹線利用時に確認しておきたいこととは?

新幹線に乗るときには、駅到着後、みどりの窓口の場所をチェックしておきましょう。

窓口の場所を把握しておくと、何かあったときにすぐに対処することができます。

指定した新幹線が出発する前であれば、この窓口で指定内容を変更することも可能。
「乗り遅れそうだ」と思ったときに無理に乗車しようとするのではなく、窓口に向かうことで次の列車の指定席への変更などがしやすくなるのです。

窓口とともに、乗り場も当然チェックしておいてください。
新幹線が乗り入れる駅は非常に広く、乗り場を全く把握していないと、それが原因で乗り遅れてしまうこともあるかもしれません。

駅に着いたら案内板などをよく見て、乗り場をいち早く把握。
スマートフォンなども活用しながら、自分が利用する乗り場を確認しておきましょう。

窓口や乗り場を早めに把握しておけば、何よりもストレスを溜めずに新幹線や特急列車に乗り込むことができます。



駅までの移動にも気を使うこと

新幹線などの発車に間に合うようにするためには、駅に早く着くことが求められます。

駅に早く着くためには、駅までの移動にも気を使わなければいけません。

駅までの道順や所要時間をしっかりと把握しているでしょうか。

自分の運転で駅に向かうときには、なおさらこの確認が必要不可欠。

タクシーやバスを利用するときも、道が混雑していれば、発車時刻に間に合わなくなる可能性があります。

休日や祝日であればもちろん、駅周辺で開催されているイベントなども事前に確認し、駅までの移動がスムーズにいくのか、それとも時間がかかりそうなのかを前もって予想しておきましょう。

混雑が予想されるのであれば、当然それに合わせて早めに家やホテルを出ておかなければいけません。



駅の中も混雑しがちな時期は特に要注意!

駅までの道もそうですが、駅の中も混雑する時期があります。

例えばゴールデンウィークや夏休みなどは、駅構内が人でごった返します。

新幹線や特急列車の乗り場も、多くの人が行き交うでしょう。

みどりの窓口も人で溢れ返るでしょうから、きっぷの払い戻しや変更などにも時間がかかってしまうはず。

春休みや年末年始なども含め、駅が混雑しがちな時期は、さらに余裕を持って移動したり、乗り場の確認をしてください。

乗り遅れても、列車は時間通りに発車してしまいます。

駅員さんを責めることもできなければ、タクシーやバスの運転手を責めることもできません。

せっかく購入した指定席のきっぷが無駄になってしまう可能性もあるので、ゆとりを持ったスケジュールを立てて動くようにしましょう。

そうすれば、より楽しく列車を利用できるはずです。



乗車する新幹線を間違えてしまったら?

人間であれば、誰にでも間違いはあります。
新幹線に乗るときに間違えて乗車予定とは別の列車に乗車してしまったというケースも、多くの人が経験しているのではないでしょうか。

もし新幹線に間違えて乗ってしまった場合、どのようなことが考えられるのでしょう。

目的地に予定通りたどり着けない可能性はもちろんありますが、何よりも心配になるのが、お金の問題。

果たして、余分なお金を支払わなければならなくなるのか、それとも、前もって支払った分だけで済むのか、気になるところではないでしょうか。

鉄道会社の規則と照らし合わせて考えてみる

各鉄道会社には、その業務に支障が出ないよう、あらかじめ規則が設けられています。

トラブルを避けるためや、乗客によって公平さを欠かないようにするために、この規則に即した営業活動が行われているのです。

乗客が間違って列車に乗ってしまったときの対応についても、この規則に記載されています。

JR東海の旅客営業規則によれば、もし乗客が切符に書かれているのと異なる区間の列車に乗ってしまった場合、急行列車以外の列車を利用して無賃送還をすることができることになっているようです。

つまり、急行列車以外を利用すれば、乗客に対して特に料金を請求することなく元の駅に行くことを許してもいいですよ、という決まりになっているわけです。

この「急行列車以外」という点に注目してみると、新幹線の扱いはどうなのかが明確になっていないのです。

急行列車以外に当てはまらないと考えることもできますが、急行列車と新幹線が同一とみなすかどうかは、この規則の条文からはわかりません。

ただ、普通に考えればやはり新幹線は在来線ではないので、この規則によると、無料で送還してもらうことは不可能であるとなるでしょう。

上記の規則の次の条文には、乗車する列車を間違えた乗客を無料で送還するときには、特別車両以外を利用することが定められていますが、例外として、もし乗客がグリーン券のような特別車両券を持っているのであれば、その特別車両で送還することができると記されています。

これを強引に解釈するのであれば、在来線に乗る人がグリーン車の切符を持っているのは不自然なので、新幹線に間違えて乗ってしまっても無償送還の対象となるのではないか、と考えることもできるでしょう。

最近ではグリーン車のある在来線も出てきているため、必ずしもこの解釈が正しいとは言えませんが、このように、JR東海の旅客営業規則には少し曖昧な点があることも指摘しておきたいと思います。



目的地と逆に向かう新幹線に乗るとアウト?

在来線ではよくあるミスかもしれませんが、新幹線を利用している人でも、目的地と逆方向に向かう新幹線に乗ってしまうミスを経験した人は少なくないのではないでしょうか。

このケースでは、どのような対処がなされるのでしょう。

おそらく、目的地に向かうための料金を別途請求されるでしょう。

上で紹介したルールはほとんどの鉄道会社で同じような文言になっていると思いますが、これに当てはめれば、無料で目的地に向かうまでの新幹線に乗ることは難しいと考えられます。

100%アウトとは言い切れませんが、完全に無料で目的地に向かうことは難しいと思っておきましょう。



目的地は一緒だけど乗車する列車が違ったケース

同じ目的地の新幹線ではあるけれども、乗車する列車を間違えた場合には、どのような対処がなされるのでしょうか。

例えば、新大阪から東京へ向かう新幹線である点は共通しているが、乗車する予定だった時刻の列車ではなく、1時間後の列車に乗ってしまったなどのケースです。

指定席特急券を購入していた場合なら、上記のケースでも、自由席に乗車すれば特に問題なく東京へ向かうことができます。

仮に車掌さんが切符の確認を求めてきても、乗る予定の列車に乗れなかったことを説明すれば、お咎めなく乗車できるでしょう。

各鉄道会社の職員の裁量によるところが大きいかもしれません

間違えて新幹線に乗ってしまった場合の鉄道会社の対応をいくつかのケースに関して鉄道会社の規約も踏まえながら見てきましたが、最終的にどのような対応になるのかは、鉄道会社の職員の判断によるとしか言えないのかもしれません。

JRでは、規則に頑なに従うというよりも、その時々の職員の裁量に任されることが多いと言われています。

ですから、どの職員に相談するのかによっても、結果は異なってくると言えそうです。

兎にも角にも、もし乗る新幹線を間違えてしまったら、すぐに相談すること。

正直に事情を話せば、いい結果が待っているかもしれません。



新幹線の自由席確保のためのテクニックや料金を紹介!

指定席を簡単に確保できるときはいいですが、連休などになると新幹線の指定席はすぐに埋まってしまいます。
そんなときに頼りになるのは自由席ですよね。

また、指定席特急券を購入していたものの、寝坊などでその車両に乗車することができなかった場合や、できるだけ安い料金で新幹線に乗りたい場合などにも、この自由席の存在は重宝するはずです。

自由席はその名の通り、座席を確保しない席。
そのため、列車に乗車しても、満席なら座ることはできません。
乗車時間をずっと立ちっぱなし過ごすのは、さすがにキツいと感じるのではないでしょうか。

ということで、ここでは新幹線の自由席を確保し、座るためのテクニックを紹介します。

もちろん、これらの方法を試したからといって、絶対に座れる保証はありません。

あくまでも、自由席に座れる可能性を上げるためのテクニックと思っておきましょう。

また、東海道新幹線を中心に活用できるテクニックのため、その他の新幹線に関しては活用できるケースとできないケースがある点も頭に入れておいてください。



新幹線の自由席のきっぷは当日でも購入できます!

新幹線の自由席に座るためのテクニックを紹介する前に、そもそも、新幹線の自由席きっぷ(自由席特急券)は、出発当日でも買うことができるのでしょうか。

目的地までの移動手段が、他にも飛行機やバスなどが考えられる場合、新幹線の自由席は選択肢の一つに過ぎず、前もって新幹線のきっぷを購入できないという人もいるでしょう。

新幹線の自由席のきっぷは、当日でも購入することは可能です。

急に新幹線に乗らなければいけなくなったときでも駅の窓口で購入し、そのまま新幹線に乗り込むことができるので、この点に関してはあまり心配はいりません。

新幹線の自由席は指定席と比べてどのくらい安い?

次に知っておきたいのが、新幹線の自由席きっぷの料金です。

新幹線の指定席きっぷと比較して、どれくらいお得なのでしょうか。

指定席はその名の通り席を指定するため、確実に座れる保証があります。
自由席にはこれがないため、指定席と比べると若干料金が安くなります。

例えば、東京ー新大阪間では、指定席特急券が5,700円なのに対し、自由席特急券は4,870円と、830円の差があります。
※指定席特急券の料金は、通常期にのぞみを利用した場合となります。

東京ー名古屋間や新大阪ー名古屋間では730円の差があり、東京ー博多間では1,140円の差があります。
※指定席特急券の料金は、通常期にのぞみを利用した場合となります。

「どの新幹線に乗るのか」「どこからどこまで乗るのか」「乗車するのは通常期・閑散期・繁忙期のどの時期なのか」「割引の適用が受けられるのか」などによってこの金額差は変わってきますが、指定席と自由席とではだいたい1,000円前後の差があると思っておくといいでしょう。



新幹線の自由席に座るためのテクニックとは?

さて、ここからは、新幹線の自由席に座るための具体的なテクニックについてご紹介していきます。

この方法で100%自由席に座れるわけではなく、あくまでも可能性を上げるためなので、そのあたりを理解した上で試せるものは積極的に試してみるといいでしょう。

始発駅なら自由席に座れる可能性大!

どの駅から新幹線に乗るのかにもよりますが、もし始発駅で乗ることができるなら、それは自由席に座れるチャンス。

すでに乗客のいる新幹線と、乗客がいない新幹線に乗り込むのとでは、当然自由席を確保できる可能性が変わってきます。

東海道新幹線を品川駅から乗車する予定なのであれば、始発駅である東京駅で乗車したほうが、自由席を確保できる可能性が高いということになります。
※下車駅が熱海以降の駅であれば、運賃・特急料金は同額です。

また、新大阪駅から博多駅までの自由席を利用するときも、東京駅が始発となる新幹線より、新大阪駅が始発となる新幹線のほうが、自由席を確保できる可能性は高いです。

時間調整をすることで乗客ゼロの新幹線に乗れる可能性があるのであれば、それに合わせてもいいのかもしれません。



空いている席には容赦なく座る

自由席の確保は、椅子取りゲームのようもの。

端的に言ってしまえば、空いている席を見つけたら、とにかくその席めがけて突進しましょう。

もちろん、怪我には気をつけてください。

周囲にも迷惑をかけないよう注意しながら、座席を確保することに集中すれば、自由席に座ることができるはずです。

近くにホームの階段がない車両を選ぶ

階段の近くは、乗る人と降りる人が重なり、混雑しがち。

新幹線の場合には到着駅が近づくと、階段の近くのドアまで車内を歩く人が結構いるので、その人たちとぶつかるのを避けるために、できるだけ階段のないホームで待ってみるようにしましょう。

混雑することが予想される階段近くにいるよりは、ずっと座席を確保できる確率が上がるはずです。



座席数を知った上で新幹線を選択する

新幹線の自由席の座席数を把握しておくと、それが座席の確保に役立つことがあります。

例えば、「のぞみ」は自由席が1号車から3号車までとなっており、1号車から5号車までが自由席の「ひかり」と比べるとかなり少ない状況。

さらに、「こだま」は1号車から7号車、そして13号車から15号車まで自由席のため、もし速さにこだわらないのであれば、「ひかり」や「こだま」を選択することで自由席が確保しやすくなるでしょう。

自由席がより確保しやすい偶数号車

座席数とともに知っておきたいのが、自由席のある場所。

「のぞみ」を例に挙げると、最も自由席が多いのは2号車で、その数100席となっています。
次は3号車で85席、そして1号車の65席と続きます。
このように、偶数号車は自由席の数が多いため、奇数号車と比較すると自由席を確保しやすい傾向があるのです。

新幹線によって異なる場合もありますが、それぞれの新幹線の自由席の数を頭に入れておけば、より座席に座れる可能性が上がるはずです。



自由席に座れる可能性の高い臨時列車

大型連休などの時期は、新幹線で移動する人たちのために臨時列車が出ることがあります。

もちろんこれは混雑を避けるためですが、こうした臨時列車を狙うと、自由席も確保しやすいかもしれません。

うまくタイミングが合うかどうかが勝負。
もしタイミングよく臨時列車が出るようであれば、それに合わせて新幹線に乗ってみましょう。

発車時刻もチェックしながら新幹線を選択

新幹線の発車時刻の中には、「00分」や「30分」といったキリがよく覚えやすいものがあります。

傾向として、こうした時間に出発する新幹線は混みやすいようです。
待ち合わせをしやすい、発車時刻を忘れにくいなどが、その理由と思われます。

このようなキリのいい出発時間を避け、中途半端な時間に発車する新幹線を選ぶことで、多少は座席を確保しやすくなるかもしれません。



長距離よりも短距離の列車を選ぶ

どこで乗ってどこで降りるのかにもよりますが、できるだけ目的地と終点が重なるような新幹線に乗るといいでしょう。

長距離の新幹線はそれだけ乗る人が多くなります。

短距離の新幹線を選んだ方が、比較的空いていると考えられるのです。

おとなしく次の新幹線まで待ちましょう

もし時間的に余裕があるのであれば、次の新幹線を待ちましょう。

在来線と同様で、次の新幹線まで待つことで列の一番前に並ぶことができます。

ただ、始発駅で乗り込むケースのみ有効なテクニックなので要注意。
途中にある駅でこの方法を使っても、あまり意味はありません。



自由席でも新幹線を楽しむことができるはず!

どうでしょうか、意識すれば自由席でも簡単に座れるような気がしてきませんか?

きっぷが購入できるかどうかすらわからなかったし、購入できたとしても座れるかどうかはその時にならないとわからないし…、と思っていた人でも大丈夫です。
自由席でも十分に新幹線での移動を楽しむことができます。

そのためには、「座れるかな、座れないかな」とドキドキ感を持って、上で紹介したテクニックを試してみましょう!
そうすれば、より新幹線を利用するのが楽しくなるはずです。



管理人のイチオシサイト

  • trivago(トリバゴ)は、人気のホテルや宿の最安値を簡単に検索できるサイトです。
    検索できるホテルは、国内だけでなく、海外も!
    まずはtrivagoで泊まりたいホテルや宿の最安値をチェックしてみてはいかがでしょうか。