乗り物についてあれこれ調べてみました。

新幹線の子供料金は何歳から?料金の計算方法も知りたい!

投稿日:

新幹線の子供料金は何歳から?料金の計算方法も知りたい!

新幹線の子供料金についてご紹介します!

飛行機やバスと同じように、新幹線にも子供料金があります。

子供料金は大人料金の半額になるということが基本なルールとなりますが、場合によっては半額にならないこともあり、少々複雑な部分も。

そこで今回は、新幹線の子供料金は何歳から適用されるのか、どのようなときに半額にならないのか、子供料金の算出はどうすれば良いのかなど、新幹線の子供料金についてご紹介していきます。

新幹線の子供料金は何歳から?

まずは、新幹線の子供料金が適用される年齢についてご紹介いたします。

新幹線料金の年齢区分表
大人12歳以上(中学生以上)
子供6歳以上~12歳未満(小学生)
幼児1歳以上~6歳未満
乳児1歳未満

新幹線料金の年齢区分は、上記の表のとおり。

注意したいポイントは、大人料金の12歳でも、小学生であれば子供料金が適用できる点です。
そのため、小学校を卒業してから中学校に入学する前の春休み期間などは、年齢が12歳になっていても、子供料金で新幹線を利用することができます。

同じように、6歳になっていても、小学校に入学する前であれば、幼児として新幹線を利用することができます。

新幹線チケットを子供料金で購入するときに証明は必要?

新幹線チケットを子供料金で購入するときには、証明は必要ありません。

身分証明書などを持ち合わせていなくても、子供料金の新幹線チケットを購入することができます。

窓口などで購入する際には生年月日を尋ねられる場合もありますが、きちんと答えられれば問題はありません。

それでも心配だという方は、年齢を証明できるものを持参されたほうが良いかもしれません。

新幹線の子供料金はいくら?計算方法をご紹介します!

子供の新幹線料金は、大人の半額です。

ただし、これには例外があります。

半額になるものを詳しく挙げていくと、

  • 運賃
  • 特急料金
  • 急行料金
  • 指定席料金

が大人の半額となります。

半額にならないものは、

  • グランクラス料金
  • グリーン料金
  • 寝台料金
  • 乗車整理券
  • ライナー券

が挙げられ、これらは大人と同額となります。

新幹線の普通車を利用する場合に必要となるのは、特急料金と運賃ですので、その両方が半額となります。

新幹線のグリーン車を利用する場合に必要となるのは、特急料金と運賃とグリーン料金となりますので、特急料金と運賃は半額となりますが、グリーン料金は大人と同じ金額を支払う必要があります。

新幹線の指定席を利用する場合の子供料金の計算方法!

新幹線の指定席には、普通車の指定席と、グランクラスやグリーン車の指定席の二つがあります。

それぞれの子供料金の計算方法についてご紹介していきます。

普通車指定席の子供料金計算方法

東海道新幹線のぞみの普通車指定席を利用して、東京駅から新大阪駅まで移動する場合の新幹線チケットを例とします。

まずは、運賃(乗車券)です。
大人の運賃は、8,750円。
子供料金は半額となるので、8,750円÷2=4,375円です。
JRでは、5円の端数を切り捨てて計算しますので、子供の運賃は4,370円となります。

次に、指定席特急料金(特急券)です。
大人の指定席特急料金は、5,700円。
こちらも半額となるので、5,700円÷2=2,850円です。

最後に、乗車券代の4,370円と特急券代の2,850円を足すと、7,220円。
これが、新幹線のぞみで東京から新大阪まで移動する場合の子供料金となります。

このように、普通車指定席の子供料金を知りたいときは、

  • 大人の運賃を半額にする
  • 大人の指定席特急料金を半額にする
  • 半額にした運賃と指定席特急料金を合計する

というように計算します。

グリーン車指定席の子供料金計算方法

山陽新幹線みずほのグリーン車指定席を利用して、新大阪駅から博多駅まで移動する場合の新幹線チケットを例とします。

まずは、運賃(乗車券)です。
大人運賃 9,610円÷2=4,805円となり、5円以下は切り捨てなので、子供の運賃は4,800円となります。

次に、指定席特急料金(特急券)です。
グリーン券を購入する場合、指定席特急料金は520円引いてもらうことができます。
そのため、大人特急料金 5,700円-520円=5,180円となり、5,180÷2=2,590円となります。

最後に、グリーン料金です。
グリーン料金は大人も子供も同額となります。
新大阪から博多までのグリーン料金は、6,480円です。

これらを合計しますので、子供運賃 4,800円+子供指定席特急料金 2,590円+グリーン料金 6,480円=13,870円となります。

グリーン車指定席の子供料金を知りたいときは、

  • 大人の運賃を半額にする
  • 大人の指定席特急料金から520円引いて、さらに半額にする
  • 半額にした運賃と指定席特急料金、さらにグリーン料金を合計する

というように計算します。

新幹線の自由席を利用する場合の子供料金の計算方法!

自由席を利用する場合でも、計算方法は指定席と同じです。

京都から名古屋まで自由席で移動する場合なら、

  • 大人運賃 2,590円を半額にする=1,290円
  • 大人特急料金 2,480円を半額にする=1,240円
  • 半額にした運賃と特急料金を合計する=2,530円

となります。

幼児・乳児が新幹線を利用する場合は?

1歳以上~6歳未満の幼児や、1歳未満の乳児でも、新幹線は利用できます。

幼児・乳児は、大人(中学生以上)一人につき、二人まで無料となります。

ただし、無料となるのは、大人の膝上に乗車する場合と、自由席を利用する場合に限られます。

これらについて、詳しくご紹介させていただきます。

新幹線の指定席で幼児・乳児を大人の膝上に乗車させる場合は?

「大人の膝上に乗車させる」というのは、その言葉通り、幼児や乳児には席を使わせず、大人(中学生以上)の膝の上に座らせて乗車するということです。

この方法であれば、大人一人につき、二人まで新幹線の指定席に無料で乗車させることができます。

ただし、乗車時間が長時間になる場合、大人の方の身体への負担は大きくなります。

また、大人が一人で4~6歳の幼児を二人無料乗車させる場合、指定席なら座席の広さが足りないこともあり、隣席の方に迷惑をかけてしまうこともありますので、現実的ではありません。

そういったケースでは、

  • 膝上は一人にし、もう一人は指定席きっぷ(子供料金)を購入する
  • 自由席で移動する

という選択をすることがベストと言えそうです。

新幹線の指定席で幼児・乳児が三人いる場合は?

大人一人で、幼児や乳児が三人いる場合、三人目は子供料金の新幹線きっぷを購入する必要があります。

大人の膝上に二人乗せて、もう一人は子供料金で購入した指定席に座る形になります。

もちろん、大人が二人いるなら、無料となる幼児・乳児の人数は四人となるため、三人目も無料で乗車することができます。

ただし、この場合も座席から大きくはみ出てしまうようであれば、状況を考えて子供料金の新幹線きっぷ購入する人数を増やすことが最善と言えそうです。

新幹線の指定席を幼児・乳児が利用する場合は?

幼児や乳児を膝上乗車させることを考えていない場合は、子供料金の新幹線きっぷで指定席を利用することができます。

子供料金なので、運賃や特急料金は大人の半額となり、グリーン料金やグランクラス料金は大人と同額を支払うこととなります。

新幹線の指定席を幼児が単独で利用する場合は?

帰省などで幼児が一人で新幹線の指定席を利用する場合、大人がいないため、無料にはなりません。

こういったケースでは、子供料金の新幹線きっぷを購入する必要があります。

新幹線の自由席を幼児・乳児が利用する場合は?

大人の一人につき、幼児や乳児が二人までなのであれば、自由席の座席を無料で利用することができます。

指定席の場合は膝上乗車でしか無料となりませんでしたが、自由席なら座席を利用しても無料です。

大人が二人いるのなら、幼児や乳児は四人まで、大人が三人いるのなら、六人まで自由席を無料で利用することができます。

ただし、自由席を無料で利用する場合、モラルが求められることが多くなります。

冒頭でもご紹介した通り、お盆や年末年始などは乗車率が120%程度となり、指定席・自由席ともに満席で、通路やデッキにまで人が溢れる状態となります。

そういった列車内で、幼児や乳児が無料で自由席に座っていると、「大人の正規料金を支払った自分が立っているのに、無料の子供が座席を使うなんて!」とイライラしている方がいるのも事実で、JR側としては何の問題もない行為なのですが、トラブルが起きてしまうこともあります。

そのため、ルール上は問題ないとしても、自由席の車両が混み合っているようであれば、大人の膝上に乗せたり、一つの座席に二人の幼児・乳児を座らせたりと、配慮をする必要があると言えそうです。

文句を言われたりトラブルが起きてしまうとせっかくの新幹線旅行が台無しになってしまいますので、気配りを忘れないようにしましょう。

新幹線の子供料金は半額!ルールは覚えれば簡単!

いかがでしたか?

ここまでの内容を簡単にまとめると、

  • 12歳(中学生)以上は、大人料金となる
  • 6歳以上~12歳未満(小学生)は、子供料金となる
  • 子供料金の場合、運賃や特急料金は半額となる
  • 子供料金でも、グリーン料金やグランクラス料金は大人と同額となる
  • 1歳以上~6歳未満の幼児や1歳未満の乳児は、大人(中学生以上)一人につき二人まで無料で乗車できる
  • 無料となる場合でも、指定席なら大人の膝上に乗車させる必要がある
  • 指定席の座席を幼児や乳児が使用する場合、子供料金を支払う必要がある

ということになり、これらのルールは覚えてしまえば簡単です。

しっかりとポイントを押さえて、周囲への配慮を忘れずに、子供との新幹線旅行を楽しみましょう。

管理人のイチオシサイト

  • TSUTAYA TVは、月額たったの933円(税抜)で映画やドラマ、アニメが見放題の動画配信サービスです。
    毎月配布されるポイントを使えば、新作や準新作も見放題!
    しかも今なら30日間無料で試すことができるので、この機会に無料登録してみてはいかがでしょうか?