乗り物についてあれこれ調べてみました。

人気急上昇のリゾート!ベトナム「ダナン」の基本情報から観光地やレストランもご紹介

投稿日:2018年6月7日
更新日:

人気急上昇のリゾート地!ダナンの基本情報から観光・グルメ・お土産など全貌をご紹介!

人気急上昇!体験談に基づき、ダナンを徹底解剖

日本人旅行客からすると、アジアのリゾート地は、旅行代金が手頃で物価も安く、羽を伸ばすのにピッタリですよね。

アジアのリゾート地といえば、インドネシアのバリ島、タイのプーケット島、フィリピンのセブ島などを思い浮かべる方が多いかと思いますが、今回ご紹介するのは、ベトナムのダナンです。

このダナン、実は穴場のリゾート地なんです。

今はまだ旅行会社などで航空券+宿泊のプランが比較的安く予約できますが、人気が急上昇しているので、これからどんどん値上げされることが予想されます。
また、観光客数も年々増加していますので、行くなら絶対早めがおすすめ!

そこで今回は、実際に行ってきた体験談を交えながら、ダナンの基本情報から観光の見どころ、おすすめレストラン、ホテルのクチコミなどをご紹介していきたいと思います。

「近場のリゾート地で羽を伸ばしたい」
「まだそんなに知られていないリゾート地に行きたい」
「手軽に行けるリゾート地を探している」
という方には、ダナンは本当におすすめなので、ぜひご参考ください。

ちなみに、私は2018年5月17日(木)~20日(日)に3泊4日で行ってきましたので、最新情報です!

目次

まずはダナンの基本情報をチェック!

まずはダナンの基本情報をチェック!

まずはダナンの基本情報から!

旅に出る前には、基本情報を押さえておくことがたいへん重要です。

そこでまずは、ダナンの基本情報についてご紹介していきますので、チェックしてみてくださいね。

ベトナムのダナンってどんなところ?

ダナンとはどんなところ?

ダナンってどんな場所?

ダナンは、ベトナム中南部に位置する湾港都市です。

ここ数年で、人気リゾート地として急成長。

5つ星の高級リゾートホテルも次々と建設され、各国の旅行雑誌で特集が組まれるなど、世界的に熱い注目を集めています。

ダナンはビーチが素晴らしく、ホワイトサンズと呼ばれる白砂のビーチと美しい海が続く沿岸エリアは、リゾートの醍醐味を感じられること間違いなし!

湾港都市であるため、新鮮な魚介類の絶品グルメを低価格で楽しむことができるのも、人気に火がついた理由の一つとなっています。

ダナンと日本の時差は?

ダナンと日本の時差は?

ダナンとの時差は何時間?

ダナンの協定世界時(UTC)は「+7時間」で、日本は「+9時間」ですので、ダナンと日本の時差は2時間となり、日本が2時間進んでいます。

例えば、日本時間が15時の場合、ダナンは13時となります。

そのため、日本からダナンに到着したときには時計の針を2時間戻し、ダナンから日本に帰国したら時計の針を2時間進める必要があります。

2時間程度の時差ですので、時差ボケは心配しなくても大丈夫です。

ダナンの通貨は?

ダナンの通貨は?

ダナンで使える通過は?

ダナンの現地通貨は、ベトナムドン(VND)です。

ベトナムドンは、紙幣が基本となります。
硬貨(コイン)が存在しないわけではありません。
ただし、硬貨(コイン)はほとんど流通していないため、現地で扱うのはほぼ全てが紙幣となります。

ベトナムドンは、小額なものから順に、

  • 200ドン
  • 500ドン
  • 1,000ドン
  • 2,000ドン
  • 5,000ドン
  • 10,000ドン
  • 20,000ドン
  • 50,000ドン
  • 100,000ドン
  • 200,000ドン
  • 500,000ドン

の11種類あります。

しかし、実際のところ、200ドンはほとんど流通していません。

また、500ドンについても、小さいお店では1,000ドン以下はほとんど切り下げて計算されるため、500ドン以下のお釣りはほどんどもらえません。

そのため、ダナンで流通している紙幣は、1,000ドン以上と考えるのが良いと思います。

ダナンで買い物!ベトナムドンを日本円に換算する計算方法は?

ダナンで買い物する際、その商品が日本円でざっといくらになるのか知りたいですよね。

1,000~500,000ドンと聞くと、日本円に馴染んでいる身からすれば額が大きくてパニックになりますが、日本円に換算する方法は簡単です。

0を二つ取って、2で割る。
ざっくりとした計算にはなりますが、これで大体の日本円での価格になります。

この方法で上記の流通している紙幣を日本円に換算すると、

ベトナムドン日本円での価格
1,000ドン5円
2,000ドン10円
5,000ドン25円
10,000ドン50円
20,000ドン100円
50,000ドン250円
100,000ドン500円
200,000ドン1,000円
500,000ドン2,500円

なんと、1,000ドンは日本円で約5円、500,000ドンも約2,500円です。

日本円との差がありすぎて驚きますが、0を二つ取って2で割るだけですので、難しくはありません。

タクシーを利用する際には金額の表記に注意が必要!

タクシーを利用する際には金額の表記に注意が必要!

タクシー料金の見方は?

旅行中の移動手段にタクシーを利用することがあるかと思います。

その場合、メーターには0が三つ非表示にされています。

仮に、メーターに100と表示されていたら、100ドンではなく、100,000ドン(約500円)ということ。

メーターの表示は0が三つ非表示にされていることを覚えておくと、金銭トラブルを避けられます。

高額な商品を販売しているお店を利用するときも金額の表記に注意が必要!

高額な商品を置いているお店(電化製品を扱う店など)で買い物をする場合には、K(キロ)という単位が表記されていることがあります。

こちらも、0が三つ非表示にされている単位となりますので、500Kは500,000ドン(約2,500円)となります。

ダナンで日本円を両替したい!どこがおすすめ?

ダナンで日本円を両替したい!どこがおすすめ?

ベトナムドンはどこで両替する?

ダナンに到着すると、まずは日本円をベトナムドンに両替する必要があります。

もちろん、日本の空港などでも両替は可能です。
しかし、この方法は交換比率が最も悪く、10,000~50,000ドンなどは流通市場の関係で在庫が少なく、思う様に両替できないことが多いです。
私も日本の空港で5,000円をベトナムドンに両替しましたが、全て100,000ドン紙幣での両替となりました。

そのため、現地での両替がオススメです。
ただし、空港に到着してすぐに飲み物などを購入したり、急いでタクシーに乗るのであれば、日本の空港で5,000円程度両替すれば安心です。

ベトナムドンが足りなくなったら、その都度ダナン市内で両替していくようにすれば、レートによって大きく損をすることはないでしょう。

ダナンでの両替方法については、下記で詳しくご紹介していきます。

ダナン国際空港に到着してすぐに両替をしたい人は両替所またはATMを利用!

日本で両替をしていなかった場合、とにかく早く日本円をベトナムドンに両替したいですよね。

そういった場合におすすめなのは、ダナン国際空港で両替する方法。

ダナン国際空港で両替をするなら、

  • 両替所を利用する
  • ATMを利用する

と、二つの方法があります。

両替所を利用する

ダナン国際空港の到着口を出ると、空港内に両替所があります。

こちらは、銀行の出張所ですので、銀行の為替レートが適用されており、街中の両替所に比べると交換比率は良くありません。

それでも、日本円を早くベトナムドンに両替したい人に利用することもあるかと思いますので、ここではすぐに必要となる金額だけ両替し、残りは街中で両替していくのが良い方法だと思います。

ATMを利用する
ダナン国際空港に到着してすぐに両替をしたい人は両替所またはATMで!

ATMを利用!

クレジットカードやVISAデビットカードをお持ちなら、空港の両替所を利用するよりも、ATMを利用してキャッシングするほうが為替レートは良いです。

ATM利用手数料はかかりますが、それでも両替所に比べるとレートが良いため、空港ですぐに両替したい方にはこちらの方法がおすすめです!

為替レートを重視するなら街中のゴールドショップ(宝石店)で!

ベトナムのゴールドショップ(宝石店)では、両替サービスを行っています。

小さなお店だと日本円は両替できないこともありますが、大きなお店なら日本円をベトナムドンに両替することができます。

そして、このゴールドショップで両替する方法が、最もレートが良い方法となります。

手続きも簡単で、しかもレートが良いので、一番おすすめしたい両替方法です。

安心して両替したい方は銀行で!

安心して両替したい方は、銀行での両替がおすすめ。

安心な理由は、偽のお金が紛れ込んでいないからです。

ただし、銀行は混み合っていることが多く、しばらく待たされることもありますので、スケジュールに余裕があるときに利用するのが良いかと思います。

一番便利なのはホテル!?

大きなホテルであれば、レセプションで両替サービスを行っています。

観光などで疲れた際にホテルに戻って少し休むこともあるかと思いますが、そういった隙間の時間で両替ができるので、非常に便利です。

レートは良いとは言えませんが、楽に両替することができ、その日使わないお金は宿泊する部屋のセキュリティボックスに預けておくこともできますので、そういったメリットは感じられると思います。

ダナンでクレジットカードは使用できる?

大きなホテルや、観光客向けのレストランなどであれば、クレジットカードで支払うことができます。

持っていて安心なのは、やはり世界シェアNo.1のVISAカード。
JCBなどは加盟店が少ないので、なるべくVISAカードを持つようにしましょう。

クレジットカードで支払うときは、細心の注意が必要です。

ベトナムは現金主義なので、店員はクレジットカードの端末に慣れていません。

桁数を間違えたり、結局のところ現金での支払いを求められたりすることがあります。

特にタクシーなどでは、VISAなどに加盟している証のシールが車内に貼られていても、実際にはカード払いを拒否されるケースも少なくありません。

クレジットカードを使用できるような場面でも、トラブルが起きにくいのはベトナムドンでの支払いとなります。
また、支払う際には、紙幣に書かれている金額をしっかりとチェックしましょう。
ベトナムドンは桁数が大きいため、払いすぎてしまうことがよくあります。

ダナンの物価は?何がいくらで買える?

ダナンの物価は?

ダナンでは何がいくらで買える?

ダナンの物価は、日本の約三分の一と言われています。

手に取りそうな商品が大体いくらで購入できるのかは、下記の一覧表をご参考ください。

ダナンの各商品相場一覧表
ミネラルウォーター
500ml
5,000ドン
(約25円)
ビール
1缶
10,000ドン
(約50円)
コーラ
1缶
5,000ドン
(約25円)
ベトナムコーヒー
1杯
15,000ドン
(約75円)
フォー
1杯
30,000ドン
(約150円)
バインミー
1個
10,000ドン
(約50円)
日本食・洋食
1皿
200,000ドン
(約1,000円)
カップ麺
1個
10,000ドン
(約50円)
Tシャツ
1枚
100,000ドン
(約500円)
タクシー
初乗り料金
10,000ドン
(約50円)

この一覧表からも、物価が安いことがお分かりいただけるかと思います。

ローカルレストランで食事をするのであれば、一皿あたり30,000ドン(約150円)程度で提供されているので、低価格でお腹いっぱいになることができます。

日本食やフレンチなどを食べに行くと、一皿あたり200,000ドン(1,000円)程度となり、日本との物価の差はあまり感じません。

ホテル内のカフェやレストランを利用する場合は、相場より1.5~2倍程度は高くなる傾向にあります。

ダナン旅行中にチップは必要?

ダナン旅行中にチップは必要?

チップは必要?

ベトナムにはチップの習慣がありませんので、ダナンでも基本的にはチップは不要です。

チップを支払うような場面を挙げるとすれば、

  • 高級店のレストランのサービス(サービス料が付加されている場合は不要)
  • ポーターに荷物を運んでもらう(荷物一個につき、20,000~23,000ドン)
  • ベッドメイクをしてもらう(ベッド一台につき、10,000ドン)

といったくらいですが、チップは受けたサービスに対する気持ちですので、決まりはありません。

「よくしてもらったな」と感じたら、チップを渡すようにすると良いかもしれません。

ダナンの治安は?

ダナンの治安に関して言えば、特に心配することはありません。

ただし、

  • アジアパーク
  • ドラゴンブリッジ
  • ハン市場
  • チャム彫刻博物館

などの多くの人が集まる場所では、スリや置き引きが発生します。

そのため、

  • 財布は必要以上に出さない
  • スマートフォンを机の上に置かない
  • パスポートは持ち歩かずホテルのセキュリティーボックスに預けておく

といった心がけが必要です。

犯罪はどこの国でも起こり得ることですので、そういった意味でも防犯意識はしっかり持つことが大切です。

ダナンで日本の電化製品は使用できる?

ダナンの電圧は、220V(日本は100V)。周波数は、50Hzです。

プラグの形状は、A型とC型の複合型が最も普及しています。
日本のプラグはA型なので、変換プラグが必要となることはほとんどありませんが、心配であれば宿泊先のホテルなどにプラグの形状を問い合わせておきましょう。

電圧は違いますので、変圧器は必要となります。
ただし、日本の電気製品でも、100V~240Vまで対応しているものもありますので、使用する製品の説明書などで事前に確認しておくと安心です。

ダナンの言葉やコミュニケーションの取り方は?英語は通じる?

海外旅行の際に一番不安に思うことは、言葉やコミュニケーションの取り方ではないでしょうか。

ダナンはベトナムに位置していますので、言葉はベトナム語となります。

ベトナム語といわれても、「一つも単語を知らない」という方が多いかと思います。
(私もベトナム語の挨拶すら知りませんでした。)

そこで気になるのが、英語が通じるかどうか。
英語であれば、流暢に話すことはできなかったとしても、ある程度は簡単な単語で伝えていくことができますよね。

ところが、ダナンで英語が通じるのは、

  • 観光客向けのレストランや施設
  • 大きなホテル
  • 空港

くらいなものです。ローカルレストランやタクシーなどでは、英語はほとんど通じません。

しかし、ダナンは観光客が多い街なので、ベトナム語が分からなくても、ボディランゲージで大体は伝わります。

ベトナム語が分からないからといって、必要以上に不安に思わなくて大丈夫ですよ。

見せて伝える!ベトナム語一覧表

ベトナム語が分からなくても必要以上に不安に思わなくて大丈夫ですが、見せて伝える術があればとても役立ちます。

そこで、見せて伝えることができる一覧表を作りましたので、下記をご参考ください。

見せて伝える!ベトナム語一覧表
はい
Da
ヤァッ
いいえ
Khong
ホン
こんにちは
Xin chao.
シン チャオ
さようなら
Tam biet.
タム ビエッ
ありがとう
Cam on.
カム オン
ごめんなさい
Xin loi.
シン ローイ
分かりません
Toi khong biet.
トイ ホン ビエッ
いくらですか?
Bao nhieu tien?
バオ ニュー ティエン
どの料理が美味しいですか?
Mon nao ngon?
モン ナオ ンゴン?
お酒はありますか?
Co ruou khong?
コー ズオウ コン?
お会計をお願いします
Tinh tien.
ティン ティエン
安くならないですか?
Giam gia duoc khong?
ヤム ヤー ドゥッ ホン
これは何ですか?
Cai nay la cai gi?
カイ ナイ ラー カイ ジー
これを買いたいです
Toi muon mua cai nay
トイ ムン ムア カイ ナイ
これをください
(指をさしながら)
Cho Toi cai nay
チョー トイ カイ ナイ
ここに行きたいです
(指をさしながら)
Toi muon den day
トイ ムン デン ダイ
ここで止まってください
Hay dung lại o day
ハイ ユン ライ ア ダイ
おつりが足りていません
Anh thoi chua du.
アン トイ チュア ドゥー

ダナンの方は、一生懸命ベトナム語で伝えようとするとすごく喜ぶように感じましたので、この一覧表と合わせて、挨拶などは積極的に言葉でコミュニケーションを取ってみてはいかがでしょうか。

なお、1~10までの数字の数え方は、

  • 1・・・mot(モッ)
  • 2・・・hai(ハイ)
  • 3・・・ba(バー)
  • 4・・・bon(ボン)
  • 5・・・nam(ナム)
  • 6・・・sau(サウ)
  • 7・・・bay(バイ)
  • 8・・・tam(タム)
  • 9・・・chin(チン)
  • 10・・・muoi(ムイ)

となります。

10以降の数字は、10(muoi)+1(mot)=11(muoi mot)というように、付け足していきます。
20は、2(hai)+10(muoi)=20(hai muoi)。
30は、3(ba)+10(muoi)=30(ba muoi)。
21なら、2(hai)+10(muoi)+1(mot)=21(hai muoi mot)となっていきます。

ここで注意したいのが、20以降の数字で下一桁が4のときは、「bon(ボン)」ではなく、「tu(トゥー)」になること。
そのため、34であれば、3(ba)+10(muoi)+4(tu)=34(ba muoi tu)と数えます。

100以上の数字は、

  • 100・・・mot tram(モッチャム)
  • 1000・・・mot nghin(モッゲン)
  • 10000=muoi nghin(ムイゲン)
  • 100,000・・・mot tram nghin(モッチャムゲン)
  • 1,000,000・・・mot trieu(モッチウ)

と数えます。

ダナンの天気や気候は?ベストシーズンはいつ?服装は?

ダナンの天気や気候は?ベストシーズンはいつ?服装は?

ダナンのベストシーズンについてご紹介!

次に、ダナンに行く場合のベストシーズンや、天気・天候、服装などについてご紹介していきます。

ダナンは熱帯モンスーン気候に属しているため、雨季(9~1月)と乾季(2~8月)があります。

そのため、目的に沿ったシーズンに合わせて旅行時期を決める必要があります。

下記で詳しくご紹介していきますので、ご参考ください。

ダナンの年間の気温や天気は?雨が多いのはどの時期?

ダナンの年間平均気温は26.3℃で、年間平均最高気温は29.9℃、年間平均最低気温は22.7℃です。

月ごとのおおよその平均気温、平均最高気温、平均最低気温を下記の一覧表にまとめましたので、ご確認ください。

ダナンの月別平均気温一覧表(℃)
気温最高気温最低気温
1月21.724.818.5
2月23.026.119.8
3月25.128.721.5
4月27.231.023.3
5月29.233.424.9
6月29.733.925.5
7月29.834.325.3
8月29.733.925.5
9月27.831.524.1
10月26.429.623.2
11月24.327.021.6
12月22.124.919.3

6~8月は特に暑くなりので、熱中症対策をしっかり行う必要があります。

また、気温だけでなく、雨量も気になるポイントかと思いますので、月別のおおよその降水量(mm)と降水日数(日)もまとめていきます。

ダナンの月別降水量・降水日数一覧表
降水量降水日数
1月96.213.7
2月33.06.9
3月22.44.8
4月26.95.6
5月62.68.9
6月87.18.0
7月85.68.6
8月103.011.4
9月349.715.4
10月612.821.2
11月366.220.9
12月199.018.6

雨は8月頃から多くなり始め、これが1月頃まで続きます。

特に、9~11月は非常に雨の日が多く、台風がやってくることも。
ダナン近郊にあるホイアンなどは、雨量が多いと浸水してしまうこともありますので、この時期の旅行は避けることが無難です。

ダナン旅行のベストシーズンはいつ?

ダナンのベストシーズンはいつ?

ダナンは目的によってベストシーズンが変わります!

ダナンの気温や雨について触れてきましたが、ベストシーズンは一体いつなのでしょうか?

一般的に、ダナンのベストシーズンは5~8月言われています。
しかし、実際には、旅の目的によって異なります。

そこで、目的ごとに絞ったベストシーズンをご紹介をしていきたいと思います。

ダナン旅行の目的が観光なら、2月・3月・4月がベストシーズン!

海に入る予定が無く、観光をするだけなら、2~4月がベストシーズンとなります。

2~4月は、雨の日が少なく、降水量も少ない時期。
また、気温も低めなので、街歩きにはピッタリのシーズンと言えます。

ダナンは5月以降になると夏が始まり、うだるような暑さとなります。
そのため、観光で歩き回ると、Tシャツなどは着替えが必要になるほどの汗をかきます。
紫外線も強く、こまめに水分補給をしないと熱中症にもなりかねませんので、観光のみを目的とするなら、オススメの時期とは言えません。

2~4月、特に2月は、こういったこともなく、日本の季節で言うと春~初夏頃の気候ですので、散策をすることが目的ならこの時期に行かれることをオススメします。

ゴルフが目的の場合も、この時期が良いかと思います。

ダナン旅行で観光と海水浴の両方を楽しみたいなら、5月・6月がベストシーズン!

「せっかくリゾート地に来たからには、海に入りたい!でも、観光もしたい!」という方にとってのベストシーズンは、5~6月となります。

ダナンは、5月以降になると、最高気温が35℃以上の猛暑日が続き、夜も25℃以上の熱帯夜となる日がほとんど。
そのため、海に入って寒いということはありません。
むしろ、正午頃は日差しが強いため、海に入るのは夕方頃からにするほうが良いくらいです。

観光するにあたっても、2~4月ほどではありませんが、5~6月も比較的スッキリと晴れる日が多いため、問題なし。
ただし、暑さへの対策だけはしっかり行いましょう。
水分をこまめに補給したり、日焼け止めを塗ったり、着替えを持ち歩くことをおすすめします。

ダナンのビーチ(海水浴)がメインなら、7月・8月がベストシーズン!

ダナンのビーチでのんびり過ごすことが目的なら、7~8月がベストシーズンです。

ダナンの海は、乾季に入るとどんどん透明度が高くなっていく特徴があります。
そのため、7~8月の乾季終盤、特に8月は、一年の中で最も海の透明度が高くなります。
また、空の青さも強まりますので、リゾート気分を一層高めてくれます。

5~6月でも海に入ることはできますが、より綺麗な海と空を体感したい、リゾート気分を満喫したいという方は、7~8月に行くのがおすすめです。

この時期に旅行する際の注意点としては、年間で最も気温が上がり、日差しが強いこと。
体感温度は42℃とも言われているので、暑さに弱い方や、皮膚が弱い方は、避けたほうが良いかもしれません。

ダナンでサーフィンをするなら、9月・10月がベストシーズン!

ダナンは、9月中旬頃から雨季に入ります。
雨季に入ると、海の透明度が下がり、クラゲが発生することもありますので、海水浴には向きません。
ただし、波が高くなりますので、サーフィンをするならこの時期がベストシーズンとなります。

注意したい点は、10月中旬頃から台風シーズンに突入すること。

ダナンへサーフトリップするなら、9月中旬~10月中旬頃までがおすすめです。

ダナンでの服装は?

次に、ダナンでの服装についてご紹介をしていきます。

こちらも時期によって異なりますので、分けてご紹介していきます。

ダナンに行く時期が3月・4月の場合におすすめしたい服装

ダナンの3~4月といえば、少しずつ気温が上がってくる季節にあたります。

特に3月中旬以降になると、雨の日も少なくなり、過ごしやすくなります。

そのため、日本の初夏~夏を意識した服装がおすすめです。

20℃を下回ることもありますので、薄手のシャツやパーカー、カーディガンなど、羽織れるものが一着あると重宝します。

ダナンに行く時期が5月・6月・7月・8月の場合におすすめしたい服装

5~8月になると、ダナンは本格的な暑さとなります。

そのため、日本の夏を意識した服装がおすすめです。

歩き回ると汗をよくかくことになりますので、通気性の良い素材を選んだり、着替えのTシャツを持ち歩くと重宝します。

日差しも大変強くなりますので、日焼け止め対策のためにあえて長袖の服を着て肌を隠すのも良いかもしれません。

ダナンに行く時期が9月・10月の場合におすすめしたい服装

9~10月になると、少しだけ暑さが和らぎますので、日本の初夏を意識した服装がおすすめです。

この時期は雨が多くなり、スコールに見舞われることもありますので、着替えを持ち歩くと重宝します。
また、撥水加工がされているものや、乾きやすい素材の衣類を選ぶこともおすすめです。

ダナンに行く時期が11月・12月・1月・2月の場合におすすめしたい服装

11~2月は、気温が下がり、肌寒さを感じることもありますので、日本の春を意識した服装がおすすめです。

晴れた日の日中であれば半袖で過ごせますが、夜や雨の日は半袖だけでは少し寒く感じることもありますので、薄手の羽織りを持ち歩くと重宝します。

年間を通して身に付けたほうが良いもの

ダナンも暑さもさることながら、日差しにも注意しなければなりません。

年間を通して日差しが強いため、紫外線対策グッズを身に付けましょう。

特に、

  • サングラス
  • 帽子
  • 日焼け止めクリーム

は必須です。

行かなきゃ損!ダナンでおすすめの観光スポットをご紹介!

旅行に行くなら、どんな観光スポットがあるのかを事前に押さえておきたいですよね。

そこで、実際に行ってみて、良かった観光スポットをご紹介していきたいと思います。

ダナンの観光スポット「五行山」は朝に行くのが吉!

ダナンの観光スポット「五行山」は朝に行くのが吉!

五行山からの絶景!

まず最初にご紹介するダナンの観光スポットは、五行山。

特徴や所要時間、注意事項などをご紹介していきますので、ご参考ください。

五行山の特徴は?

五行山の特徴は?

五行山ってどんなところ?

五行山は「マーブルマウンテン」とも呼ばれている通り、山全体が大理石で出来ていることが特徴です。

火、水、木、金、土の宇宙を構成すると言われている五つの要素が五つの山にそれぞれ名づけられている連山で、14世紀以前から続くチャンパ王国の遺産もあり、ダナンの象徴的な存在として崇められている由緒正しき山です。

豆知識を紹介すると、この五行山は「西遊記」の孫悟空を500年間ずっと閉じ込めていた山とも言われています。

五行山観光の所要時間は?

五行山のエレベーターチケット

五行山のエレベーターチケット!

五行山の観光には、

  • 登りも下りも徒歩で
  • エレベーターを利用

と、2つのパターンがあります。

私は、登りはエレベーターを利用し、下りは徒歩にしました。

理由は、その日の夜にはホイアン観光をする予定があり、体力を温存しておきたかったからです。

そのため、所要時間は登り~下りで、じっくり見て回ったものの、約一時間半くらいでした。

登りも下りも徒歩で行かれる場合は、体力のある方で+30分くらいの約二時間を考えておくと良いかと思います。

五行山の観光ポイントをまとめると?

五行山の観光ポイントをまとめると?

五行山の観光についてまとめてみます!

  • 五行山の観光には、入場料が15,000ドン(約75円)かかります。
  • エレベーターは、片道15,000ドン(約75円)、往復30,000ドン(約150円)で利用することができます。
  • ポストカード付きの地図が15,000ドン(約75円)で販売されています。
  • 長い石段を登ったり、洞窟の中を探索したりと、冒険をしているような気分で楽しむことができます。
  • ところどころに寺院や仏像が安置されています。
  • 頂上からの景色は絶景!涼しい風も吹き、晴れやかな気分になります。

五行山を観光する際に注意すべきことは?

出入り口近辺にレストランはありません!

五行山の観光で注意したほうが良いと感じたことは、

  • 滑ってしまわないように注意しながら進むこと
  • 行くなら朝が吉
  • 入り口付近のお店は買う気が無いなら店員と関わらない
  • 食事の予定を入れない

ことです。

トレッキング中に滑ってしまわないように気をつけるというのは当たり前のことですが、場所によっては本当に滑りやすい箇所がありますので、気をつけてください。

観光の時間帯は、朝がおすすめ。
昼以降になると、とても暑くなりますので、涼しさの残る朝に行くのが良いかと思います。

入り口付近のお店については、店員さんが客引きのために声をかけてきます。
ここで乗っかってしまうと、なかなか離してもらえません。
大理石の商品がたくさん売られており、気になるかと思いますが、興味が無いならすぐに通過してしまうほうが良いでしょう。

最後の食事の予定ですが、五行山周辺には全くと言っていいほどレストランがありません。
そのため、五行山周辺では食事の予定を立てないほうが良いです。
周辺は、大理石の商品を販売するお店と、缶やペットボトルの飲み物が売っている程度です。
可能なら、飲み物も事前に調達しておきましょう。

五行山観光時のおすすめの服装は?

五行山観光時のおすすめの服装は?

五行山観光にはどんな服装で行けばいい?

五行山は大理石で出来た山なので、滑りやすい箇所が多いです。
特に、洞窟の中などは急勾配で足元がツルツルしており、大変危険です。

そのため、靴は履きなれたスニーカーがおすすめ!
ダナンはリゾート地なのでサンダルを履いてこられる方が多いかと思いますが、五行山観光の予定があるなら、スニーカーも持参しましょう。
また、砂利道を進んでいくことになりますので、汚れてしまっても良いスニーカーがより良いかと思います。

服装は、軽装がおすすめです。
私は、Tシャツに半ズボンでしたが、山の上や洞窟の中でも寒さを感じることはありませんでした。
むしろ、普段の生活に運動習慣がない方なら、すごく暑く感じるかと思います。
私も普段はデスクワークですので、Tシャツが絞れるくらいの汗を流しました。

タオルや制汗シート、帽子を持参していたので、すごく役立ちました。

晴れていると日差しが強いので、日焼けが気になる方は日焼け止めを塗られることをおすすめします。

ダナンの観光スポット「アジアパーク」は夜に楽しむ遊園地

ダナンの観光スポット「アジアパーク」は夜に楽しむ遊園地

ダナンの夜遊びスポット!

次にご紹介したいダナンの観光スポットは、アジアパークです。

アジア・パークの基本情報をご紹介します!

アジア・パークの基本情報をご紹介します!

まずは基本情報をチェック!

まずは、基本情報を表にまとめましたので、チェックしてみてください。

アジア・パーク・ダナンの基本情報
店名
日本語
アジア・パーク・ダナン
店名
ベトナム語
Công Viên Châu Á Đà Nẵng
住所
英語
1 Phan Dang Luu, Hai chau, Da Nang
住所
ベトナム語
1 Phan Đăng Lưu, Hải Châu, Đà Nẵng
電話番号(84) 0236 3681666
営業時間15:00~22:00
入場料
1.3m以上
300,000ドン(約1,500円)
入場料
1m-1.3m
200,000ドン(約1,000円)
入場料
1m以下
無料

入園料さえ支払えば、園内のアトラクションは全て乗り放題です。
日本の遊園地で言うところのフリーパスとなっています。

大人・子供の料金区別は、年齢ではなく、身長によって決められています。
100~130cmまでは200,000ドン(アジア・パーク側としての子供料金)、130cm以上は300,000ドン(アジア・パーク側としての大人料金)となります。

小学生などであっても、身長が130cm以上あれば大人料金を支払う必要があります。

アジア・パークの特徴は?

アジア・パークの特徴は?

アジア・パークはどんなところ?

アジア・パークはその名称の通り、アジアの国々をモチーフとしたテーマパーク。
シンガポールや中国、日本などの国のイメージに合わせて建築物が建てられています。

アジア・パークの一番の特徴は、夜に遊ぶ遊園地だということ。

日本にある遊園地は、朝から夕方をメインとしていますが、アジア・パークは15:00以降のオープンとなります。

そのため、園内は様々な色にライトアップされており、とても綺麗でした。

遊園地なので、ジェットコースターやメリーゴーランド、コーヒーカップ、バイキング、空中ブランコ、フリーフォール、観覧車など、種類豊富なアトラクションを乗り放題で楽しむことができます。

ちなみに、今ではダナンのシンボルになりつつある観覧車は、元々滋賀県の琵琶湖(びわ湖タワー)にあったもの。
日本に馴染みのあるものが異国の地でシンボルになるのは嬉しいことですね。

ホテルでじっと夜を過ごすくらいなら、アジア・パークで思いっきり遊んでみてはいかがでしょうか。

ダナンの観光スポット「ハン市場」でベトナムの生活感を体感!

ダナンの観光スポット「ハン市場」でベトナムの生活感を体感!

ハン市場でローカルマーケットを体感!

次にご紹介するのは、ダナンのローカルマーケットである「ハン市場」です。

ハン市場の一階では、主に食材が売られており、二階には衣類が所狭しと並べられています。

衣類を購入するときは、サイズを確認しましょう。
ベトナムの人々は小柄で引き締まった方が多いため、Tシャツなどは小さめに作られています。
日本のSサイズが、ベトナムではMサイズに相当するようなことがよくありますので、広げてサイズが合うかチェックしましょう。

食材や衣類以外にも、ノンラー(ベトナム帽子)なども売られていますので、お土産探しにもピッタリです。

ハン市場の観光と組み合わせるならダナン大聖堂がオススメ!

ハン市場の観光と組み合わせるならダナン大聖堂がオススメ!

ピンク色の教会「ダナン大聖堂」がすぐ近く!

ハン市場の観光が思いのほか早く終わってしまったら、ここから徒歩5分程度の場所にあるダナン大聖堂に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ピンク色の教会で、たくさんの観光客で賑わっており、記念撮影されている姿が多く見受けられました。

ダナン郊外の観光スポット「ホイアン」は色とりどりのランタンがSNS映え!

ダナン郊外の観光スポット「ホイアン」は色とりどりのランタンがSNS映え!

色とりどりのランタンが幻想的なホイアン

次にご紹介するのは、ダナン郊外のホイアンです。

ホイアンは、ダナンから車で約30~45分程度でアクセスすることができます。

ダナン旅行をさらに盛り上げるためにも、ぜひとも訪れてほしい観光スポットとなりますので、ご参考いただければと思います。

ホイアンの特徴は?

ホイアンの特徴は?

世界遺産のホイアンってどんなところ?

ホイアンは、1999年に「ホイアンの古い町並み」として世界文化遺産に登録された場所。

今でも、昔ながらのベトナムの港町の雰囲気が残る、ノスタルジックな観光スポットです。

街並みには日本や中国、ベトナムの建築様式が混じった歴史的建造物が建ち並んでいて、それらは現在も民家や店舗とし使われています。

ホイアンを観光するならどの時間帯が良い?

ホイアンを観光するならどの時間帯が良い?

ホイアンは時間帯で別の顔を見せる観光スポット

ホイアンに行くのなら、ぜひとも見ていただきたいのがライトアップされていく色とりどりのランタン。

そのため、ホイアンには昼過ぎ~夕方くらいに到着しておくのがベスト。

歴史的な建造物をゆったり観光したり、カフェなどでお茶をして過ごして、夕暮れから夜にかけてランタンが少しずつ灯されていくのを見ていただくのが良いかと思います。

ホイアンは昼過ぎ~夕方と夕方~夜とでは同じ街とは思えないほど雰囲気がガラッと変わりますので、その違いを楽しんでいただくことが最もオススメ。

異国情緒溢れるホイアンでは、素敵な時間をお過ごしいただけるかと思います。

ダナン郊外の観光スポット「ミーソン遺跡」に行くならオプショナルツアーで!

ダナン郊外の観光スポット「ミーソン遺跡」に行くならオプショナルツアーで!

オプショナルツアーでミーソン遺跡へ!

ダナン郊外の観光スポットで外せない場所といえば、「ミーソン遺跡」です。

ダナンからは車で約1時間かかりますので、フリープランならオプショナルツアーに申し込むのがオススメ!

私自身、ダナンから距離がある場所だったことと、日本語ガイドが遺跡の案内をしてくれること、昼食付きなのにお得だったことから、オプショナルツアー予約専門サイトのVELTRA(ベルトラ)さんで申し込みました。

上記のバナーをクリックしていただくと、VELTRAさんの公式ホームページにアクセスできます。
ダナン発で絞り込んで検索すると、ダナンから参加できる現地発オプショナルツアーがたくさん表示されますので、興味がある方は一度チェックされてみてはいかがでしょうか。

特に、個人での観光に不安がある方などにとっては、日本語ガイド付きのツアーは本当にオススメです!

参加するオプショナルツアーに関する質問はもちろんのこと、その他のレストランや観光スポットについても相談に乗ってもらうこともできますので、そういった意味でも旅中に一度くらいはオプショナルツアーに参加されることをオススメします。

ミーソン遺跡の特徴は?

ミーソン遺跡の特徴は?

ミーソン遺跡はどんなところ?

ミーソン遺跡は、1999年に世界遺産に登録された、6世紀~13世紀頃まで栄えたチャンパ王国の遺産です。
※チャンパ王国は、チャム族が築いた王朝です。現在は少数民族となっています。

現在も発掘作業が進められており、少しずつチャンパの歴史が明かされていますが、まだまだ謎は残されたまま。
ミーソン遺跡は、グループA~Hまでの集合体ごとに区分けされているのですが、一般公開されているものの、発掘や修復作業の状況によっては公開されないグループもあります。
明るみになっていない謎を解き明かすため、発掘が続けられている証拠ですね。

何も無い一本道から、急に目の前に現れる遺跡群に出くわした瞬間は、一気にタイムスリップしたような気分になります。
現存する遺跡からはチャンパ王朝の力強さを感じることができ、日本では見ることのできない遺産の数々を目にすることができますので、ダナンに訪れたのならオプショナルツアーに参加して体感してみてはいかがでしょうか。

食べなきゃ損!ダナンのおすすめレストランやカフェをご紹介!

海外旅行となると、多くの方が食に対して「口に合うだろうか?」「食あたりを起こさないだろうか?」と不安を抱くもの。

そこで、私自身が旅行中に訪問したレストランやカフェの中でおすすめできるお店をご紹介していきたいと思います。

どのお店も美味しく大満足でしたので、食に困ったら訪れてみてください。

ダナンのレストラン「Be Man(ベーマン)」で美味しいシーフード料理を食べよう!

ダナンのレストラン「Be Man(ベーマン)」で美味しいシーフード料理を食べよう!

新鮮なシーフード料理ならBe Manで決まり!

ダナンは湾岸都市であるため、新鮮な魚介類を低価格で食べられることでも有名。
そのため、海沿いの道にはたくさんのシーフード料理店が軒を連ねています。

その数あるお店の中で、最もオススメしたいのが、「Be Man(ベーマン)」です。

Be Man(ベーマン)と同じような店構えの店舗が数え切れないほどたくさんあるのですが、Be Man(ベーマン)以外の店舗はあまり客入りが良くない様子でした。

地元の人たちが足繁く通う人気店だからこそ、観光客も安心してお店に入りやすいのかもしれませんね。

Be Man(ベーマン)での注文方法は?

Be Man(ベーマン)での注文方法は?

Be Manでの注文方法をご紹介します!

Be Man(ベーマン)では、全ての魚介類が量り売りのシステムになっています。

生簀の周辺に店員さんがいますので、声をかけましょう。
店員さんには、英語もほとんど通じません。
そのため、ジェスチャーで意思疎通を図る必要があります。

生簀や氷水に浸けられた魚介類の中から食べたい魚介類を指差し、何g欲しいか伝えます。
すると、店員さんがカゴの中にその魚介類を入れ、計ってくれます。

魚介の種類と量を決めたら、あとはどういった味付けで食べたいかを伝えて、オーダーは終了。
入店時に案内された席に戻って、料理が来るのを待ちましょう。

ちなみに、ドリンクは、店の奥に飲み物用の冷蔵庫がありますので、そこでオーダーするのが早くて確実です。
私の場合、冷蔵庫の前で店員さんを待っていたところ、「自分で持って行って良いよ」というニュアンスのことを言われましたので、途中からセルフサービス状態でした。
お会計は最後にテーブルで行いますので、自分の席で飲むなら勝手に持って行って良いようです。

Be Manのおすすめメニューは?

次に、Be Manで実際に食べて美味しかったメニューをご紹介します!

注文に自信が無い方は、ぜひご参考ください。

海老のガーリック炒め(TÔM SÚ tỏi chiên)
ダナンのレストラン「Be Man」でオススメの海老のガーリック炒め

絶品!海老のガーリック炒め

こちらの料理は、海老のガーリック炒め。

大きな海老はプリプリとした食感で食べ応えがあり、海老の持つ旨味も強く、ガーリックソースの刺激と程よい加減でマッチ!

辛そうな見た目ですが、辛くはありません。

お店で注文したベトナムビールのLARUE(ラルー)と良く合い、とても美味しかったです。

蒸し伊勢えび(TÔM HÙM Luộc)
ダナンのレストラン「Be Man」でオススメの蒸し伊勢エビ

伊勢エビも低価格で食べられる!

次にご紹介するのは、蒸し伊勢エビです。

写真右に付いているのは塩コショウとスパイスで味付けられたソースですが、私はこれに付けずにそのまま食べました。

素材そのものの味で十分美味しく、口いっぱいに伊勢エビの甘みや旨味が広がり、なんとも贅沢な気持ちになりました。

日本では高級食材となる伊勢エビも、ダナンでは低価格で味わうことができますよ。

炭火焼きヤガラ(Cá chìa vôi nướng)
ダナンのレストラン「Be Man」でオススメのヤガラの炭火焼き

鼻から抜けていく香ばしさがたまらない!

こちらは、ヤガラの炭火焼きです。

ヤガラも日本では高級食材なので、なかなか食べる機会がありませんが、ダナンでは低価格で食べられます!

ヤガラは柔らかくて淡白、嫌なクセは一切ありませんでした。

白身に炭火で焼いた香ばしさが合わさって、絶品でした。

ハマグリのネギ焼き(NGHÊU nướng mỡ hành)
ダナンのレストラン「Be Man」でオススメのハマグリのネギ焼き

ネギ焼きは日本人の好きな味付け!

次は、ハマグリのネギ焼き。

こちらは、ハマグリの上にネギや香辛料をのせて、塩で味をととのえた料理です。

日本人には馴染みの深いネギ塩に近く、濃い味好きなら間違いなくハマる味付けになっています。

こちらもビールによく合いましたので、お酒好きな方には特にオススメです!

空芯菜炒め(RAU MUỐNG XÀO TỎI)
ダナンのレストラン「Be Man」でオススメの空芯菜炒め

ガーリックの香りとシャキシャキ食感がマッチ!

シーフード以外でおすすめなのは、こちらの空芯菜炒めです。

台湾などでよく食べられている空芯菜炒めは、ダナンでも人気メニューの一つとなっています。

シャキシャキとした空芯菜の食感と、ガーリックの香りが絶妙に合わさり、いくらでも食べられてしまいそうな食欲をそそる一品でした。

海鮮チャーハン(CƠM CHIÊN HẢI SẢN)
ダナンのレストラン「Be Man」でオススメの海鮮チャーハン

ガッツリ食べたい!そんな人は海鮮チャーハンを注文

最後にご紹介するのは、海鮮チャーハンです。

こちらは、一人前で3~4人がシェアできるコスパ抜群のメニューとなっています。

エビやイカなどの海鮮から出る出汁がご飯に染み込んでいて、お米はパラパラ。
味付けは少し薄口でしたが、その他のメニューで濃い味のものを頼んでいたこともあって、とてもバランスの良いチャーハンでした。

ボリューム満点ですので、ガッツリ食べたい方はぜひオーダーしてみてください。

Be Manで食事する際に注意すべきことは?

Be Manで食事をする際に気をつけたほうが良いと感じたことは、地元のおばちゃんがマンゴーやドリアンなどを売りに来ますので、不要ならしっかり断ること。

このおばちゃんはお店とは何の関係もなく、サービスではなく食べた分はしっかり請求されますので、不要ならいらないとしっかり伝えましょう。

私はジェスチャーをしながら「No thank you!」と伝えることで、トラブルになりませんでした。

Be Manの基本情報をご紹介!

Be Manの基本情報をご紹介!

Be Manの基本情報は?

最後に、Be Manの基本情報を表にまとめます。

Be Man(ベーマン)の基本情報
店名
ベトナム語
Quán Bé Mặn
住所
ベトナム語
Lô 11 Võ Nguyên Giáp, Quận Sơn Trà, Đà Nẵng
営業時間9:00~23:00
※店内にお客さんが居れば、もっと遅くまで営業します。
定休日無休

シーフードを美味しく、しかも低価格で味わいたいなら、ローカルレストランのBe Man(ベーマン)に訪れてみてください。
※一人当たりの平均単価は、400,000ドン(約2,000円)程度でした。

アクセスはタクシーが便利で、人気店のためタクシーの運転手にはすぐに伝わるかと思いますが、もし知らないようならベトナム語の住所を見せて連れて行ってもらいましょう。

ダナンのレストラン「THE GARDEN(ザ・ガーデン)」はロケーションが最高で絶品肉料理が味わえる!

ダナンのレストラン「ザ・ガーデン」はロケーションが最高で肉料理が食べられる!

ロケーション抜群なお洒落なレストラン!

次にご紹介するダナンのおすすめレストランは、THE GARDEN(ザ・ガーデン)です。

2017年にオープンした新しいお店で、ダナンのメインビーチであるミーケービーチ沿いに店舗を構えています。
そのため、ロケーションは抜群!
どの席でも開放感がありますが、テラス席に行けば、潮風にあたりながら食事をすることができます。

店内・店外ともに白を基調としたお洒落な作りになっています。

朝から夕方にかけての時間帯はビーチリゾートらしい爽やかな印象のお店ですが、夕方から夜にかけてはライトアップされ一気にムーディな雰囲気に変わりますので、家族や友達同士はもちろんのこと、カップルにもおすすめです。

ダナンのレストランは、シーフード料理が基本となります。
そのため、シーフード好きでも、毎日食べ続けると飽きてしまう場合もあります。

私は3泊4日でダナンに訪れましたが、毎日美味しいシーフードに舌鼓を打ち、大変満足していました。
しかし、元々は肉好きだということもあり、3日目の晩にとうとうシーフードに飽きがきてしまい、肉を食べたくなってしまいました。
そこで訪れたのが、このTHE GARDENです。

THE GARDENは、肉料理をメインとしたレストランで、地元の人たちが「ダナンで肉料理といえばここ!」と言うほどクオリティの高い肉料理を味わうことができます。

ステーキなどの肉料理の他にも、パスタやフィッシュアンドチップスなどのメニューが用意されています。
もちろん、シーフード料理も用意されていて、こちらも美味しいですよ。

また、お洒落なカクテルなども用意されていますので、大人の方はバーとして利用することもオススメです!

THE GARDENのおすすめメニューは?

次に、THE GARDENで実際に食べてみて美味しかった料理をご紹介いたします。

ちなみに、THE GARDENには日本語のメニューがありますので、安心して注文することができますよ。

ステーキ3種盛り合わせ
ダナンのレストラン「THE GARDEN」でオススメの3種のステーキ盛り合わせ

ジューシーで旨味たっぷりのステーキ!

最初におすすめしたいメニューは、ステーキ3種盛り合わせ。

種類の違うステーキが一つのプレートにまとめられていて、ボリューム抜群のメニューです。

3種とも肉の特徴が違ったので、それぞれの違いを楽しむことができました。

どの種類も柔らかく、噛むと肉汁が溢れるほどジューシーで、塩コショウの加減もバッチリ。
ソースは、バーベキューソースとわさび醤油が同じプレートに載せられています。

注文時に焼き方を聞いてくれますので、お好みの焼き加減にしてもらいましょう。
※私はミディアムが好きなので、ミディアムにしてもらいました(写真)。

ちなみに、プレートのサラダはドレッシングが抜群に美味しく、マッシュポテトもクリーミーでもっと食べたいと思う味でした。

ボリュームがありますので、シェアするのがオススメです。

ハマグリのレモングラス蒸し
ダナンのレストラン「THE GARDEN」でオススメのハマグリのレモングラス蒸し

あっさりしているのに深みがある絶品料理!

次にご紹介するのは、ハマグリのレモングラス蒸し。

ステーキを食べたことで、またシーフードも食べたいと思い、こちらのメニューを注文したのですが、これが大正解でした!

ハマグリのレモングラス蒸しは、ダナンではよく食べられている料理なので、様々なレストランで提供されています。
実際、私も旅行中に色々なお店で口にしました。
それはそれで美味しかったのですが、THE GARDENで食べたハマグリのレモングラス蒸しは、美味しさの次元が違いました。

スープはあっさりとしているのですが、薄いわけではない絶妙な加減で、レモングラスの爽やかな香りが鼻を通り抜けていく、まさに絶品料理。
気が付けば、スープを全て飲み干していました。

私はハマグリをオーダーしましたが、ムール貝などもレモングラス蒸しにしてもらえるようです。

ほうれん草とサーモンのクリームパスタ
ダナンのレストラン「THE GARDEN」でオススメのほうれん草とサーモンのクリームパスタ

THE GARDENはパスタも絶品!

最後にご紹介するのは、ほうれん草とサーモンのクリームパスタです。

日本にもよくあるメニューですが、「もう少し食べたいな」と思っている方にはオススメです。

味付けも日本人好みにされているので、美味しくいただくことができました。

何よりパスタの茹で加減が良く、「腕のある、良いシェフが丁寧に作ってくれたんだな」と思わせてくれるメニューでした。

番外編!THE GARDENはお酒のメニューも豊富
THE GARDENはお酒のメニューも豊富!

カラフルで美味しいカクテルで乾杯!

THE GARDENは、料理だけでなく、ドリンクメニューにも力を入れています。

そのため、食事を別のレストランで済ませてしまったとしても、ドリンクだけ楽しむといった使い方もおすすめです。

お洒落な店内で、素敵なダナンでの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

THE GARDENの基本情報をご紹介!

THE GARDENの基本情報をご紹介!

THE GARDENの基本情報は?

最後に、THE GARDENの基本情報を表にまとめます。

THE GARDEN(ザ・ガーデン)の基本情報
店名THE GARDEN
住所
ベトナム語
Lô 14, Khu nhà hàng số 2 Đường Võ Nguyên Giáp, Quận Sơn Trà, Đà Nẵng
営業時間11:00~22:00
定休日無休

お洒落な店内で美味しい肉料理が食べたいなら、ぜひTHE GARDENに訪れてみてください。

こちらも有名店ですので、タクシーでのアクセスがおすすめです。

ダナンのカフェ「CongCaPhe(コン・カフェ)」はお洒落な空間でベトナムコーヒーを味わえる!

ダナンのカフェ「コンカフェ」はお洒落な空間でベトナムコーヒーを味わえる!

コンカフェでお洒落なカフェタイム

ダナンでおすすめのカフェと言えば、Cong Ca Phe(コン・カフェ)です。

コン・カフェは、ハノイ発祥のカフェ。
ベトナムのお洒落女子なら誰でも知っている、大人気店です。

ダナンにも、このコン・カフェがあります。
場所は、ハン川沿いで、ダナンの観光スポット「ハン市場」でベトナムの生活感を体感!でもご紹介させていただいたハン市場のすぐ近く。
距離にして200m位なので、歩いて1分程度の場所です。

ベトナム共産主義をモチーフとした店内は、レトロで落ち着いた雰囲気。
内装が凝られており、思わず写真を撮りたくなります。

人気メニューはヨーグルトコーヒーで、これはハノイ発祥のベトナム名物のひとつ。
コンデンスミルクの甘みとコーヒーの苦味が合わさったベトナムコーヒーに、ヨーグルトの酸味が加わったコーヒーです。
ヨーグルトとコーヒーは合わないと思われるかもしれませんが、意外にも良い組み合わせですので、疲れたときにヨーグルトコーヒーを飲みながらホッと一息ついてみてはいかがでしょうか。

もちろん、それ以外のカフェメニューも充実しており、本格的なサイゴンコーヒーやお洒落なジャードリンク、キンキンに冷えた爽やかなスムージーなど、お気に入りの一杯に出会えるかと思います。

コン・カフェの基本情報をご紹介!

コン・カフェの基本情報をご紹介!

コン・カフェの基本情報は?

Cong Ca Phe(コン・カフェ)の基本情報
店名Cong Ca Phe
住所
ベトナム語
98-96 Bach Dang Da Nang
営業時間6:30~23:00
定休日無休

ダナンのカフェ「HIGHLANDS COFFEE(ハイランズコーヒー)」はベトナム発祥の王道カフェチェーン!

ダナンのカフェ「ハイランドコーヒー」はベトナム発祥の王道カフェチェーン!

人気チェーン店のハイランドコーヒーもおすすめ!

先ほどご紹介したコン・カフェはハノイ発祥のカフェチェーンでしたが、次にご紹介するハイランズコーヒーはホーチミンが発祥です。

ダナンの街中に何店舗もありますので、すぐに見つかるかと思います。

ダナンのカフェは冷房があまり効いていないところが多いのですが、ハイランズコーヒーはしっかり空調整備されていますので、暑い身体を休めるのに最適です。

ハイランズコーヒーは、西洋風のカフェ。
ベトナムの人々にとってのスターバックスコーヒーのようなお店です。

メニューも豊富で、ベトナムコーヒーなどのドリンクメニューはもちろんのこと、フォーやバインミーといった軽食や、ケーキなどのスイーツも用意されています。

暑いダナンを観光していると、何度もカフェで休憩することになると思いますので、一度はハイランズコーヒーに訪れてみてはいかがでしょうか。

ハイランズコーヒーの基本情報をご紹介!

ハイランズコーヒーの基本情報をご紹介!

ハイランズコーヒーの基本情報は?

HIGHLANDS COFFEE(ハイランズコーヒー)の基本情報
店名HIGHLANDS COFFEE
住所
ベトナム語
188 Bạch Đằng, Phước Ninh, Q. Hải Châu, Đà Nẵng
営業時間6:30~23:00
定休日無休

ハイランドコーヒーは何店舗もありますので、一店舗のみ記載いたしました。
こちらの店舗は、ハイランズコーヒー リバーサイド店となります。

番外編:ダナンのスターバックスコーヒーは一店舗!

番外編:ダナンのスターバックスコーヒーは一店舗!

ダナンにスタバは一店舗のみ!

世界中で愛されるカフェチェーンのスターバックスコーヒーは、ダナンに一店舗のみ。

この店舗は、2018年2月3日にオープンしたばかりです。

海外旅行などでスターバックスに訪れた際の楽しみと言えば、ご当地限定のマグカップやタンブラーですが、こちらの店舗にもダナンデザインの商品がありました!

その他にも、ベトナム、ハノイ、ホーチミンのデザインの商品も購入することができましたので、興味がある方はぜひ手にとってみてください。

また、日本のスターバックスコーヒーは、店内だけでなくお店の外も完全禁煙。
ダナンはタバコ王国のベトナムだけあって、店内は禁煙ですが、テラス席は喫煙可能でした。

ダナンのスタバでは名前が必要!?

日本でもよく飲んでいるジャバチップフラペチーノを注文したところ、店員さんに名前を聞かれました。

「カップにメッセージを書いてくれるのかな?」と思い、名前を伝えたところ、出来上がるまでお待ちくださいとのこと。

しばらく待つと、店員さんに名前を呼ばれ、カップを見て驚きました。

ダナンのスタバでは名前が必要!?

カップに名前が!

カップにシールが貼られており、そこに自分の名前が。

ダナンのスターバックスでは、メニューが出来上がったら名前で呼ばれるシステムのようです。

海外で自分の下の名前を呼ばれるというのは、なかなか面白い体験でしたよ。

スターバックスコーヒーの基本情報は?

Starbucks Da Nang(スターバックス ダナン)の基本情報
店名Starbucks Da Nang
住所
ベトナム語
50 Bach Dang, Hai Chau,Da Nang
営業時間6:30~23:00
定休日無休

ちなみに、ダナンのスターバックスコーヒーはオープンしたばかりなので、カスタムはできません。

メニューにあるもののみの提供となりますので、この点は考慮しましょう。

番外編:ベトナム料理のバインミーを食べるなら「Banh My Phuong(バインミーフォン)」が絶対におすすめ!

番外編:ベトナム料理のバインミーを食べるなら「バインミー・フォン」が絶対におすすめ!

これが世界一おいしいバインミーです!

ダナンのグルメ情報の最後に、ホイアンでおすすめのお店もご紹介いたします。

こちらは「Banh My Phuong(バインミーフォン)」という名前の、バインミーのお店です。

バインミーは、ベトナムのソウルフード。
フランスパンの間にレバーペーストを塗り、チャーシューやハムなどの肉とレタスなどの野菜、パクチーを挟んだサンドイッチです。

ベトナムにはそれこそ数え切れないほどのバインミーのお店があるのですが、この「Banh My Phuong(バインミーフォン)のバインミーは、世界一美味しい」と言われています。

私もここでバインミーを食べたのですが、こんなに美味しいのかと感動しました。

ダナン旅行でホイアンにも立ち寄った際には、ぜひ食べていただきたい味です。

ちなみに、テイクアウト・店内どちらも可能ですので、食べ歩きをするも良し、休憩時間としてバインミーを味わうも良しです。

Banh My Phuong(バインミーフォン)の基本情報

Banh My Phuong(バインミーフォン)の基本情報
店名Banh My Phuong
住所
ベトナム語
2B Phan Chau Trinh, Hoi An
営業時間6:00~21:00
定休日無休

大人気店ですので、毎日長蛇の列になっています。
並ぶ価値のあるバインミーが食べられるので、根気良く待ちましょう。

宿泊したホテルのプルマン・ダナン・ビーチ・リゾートをご紹介!

宿泊したホテルのプルマン・ダナン・ビーチ・リゾートをご紹介!

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートをご紹介!

私が今回宿泊したホテルは、プルマン・ダナン・ビーチ・リゾート(Pullman Danang Beach Resort)です。

すごく良いホテルでしたので、ホテルの詳細についてもご紹介していきたいと思います。

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートの基本情報をご紹介!

まずは、基本情報を表にまとめます。ぜひご参考ください。

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートの基本情報
名称Pullman Danang Beach Resort
住所101 Vo Nguyen Giap Street, Khue My Ward, Ngu Hanh Son District, 550000 Danang city
電話番号(84)236-395-8888
メールh8838@accor.com
チェックイン15:00
チェックアウト12:00
建物階数6階
開業年2010年

なお、ホテルでの会話は英語が基本で、清掃スタッフなどはベトナム語のみとなります。

私が宿泊したときにはたまたま日本人スタッフの方が居ましたので、お話を伺ったところ、現在プルマンには2名の日本人スタッフが居るそうです。
一名はシェフですので、接客にはほとんど関わることがないとのことでした(私はタイミングが良く、このシェフの方とお話をすることができました。)。
2名とも、とても感じの良い方でした。

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートの客室は?

次にプルマン・ダナン・ビーチ・リゾートの客室についてご紹介していきます。

旅の疲れを優しくほぐしてくれる真っ白なベッド

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートの部屋は?

清潔感のある広々としたベッドで快適な睡眠

まずは気になるベッドですが、清潔感があり、寝転がるとすぐに眠ってしまうほど気持ちの良いベッドでした。

広さも申し分なく、分厚いマットレスが使用されていますので、3日間心地よく眠ることができました。

旅の疲れをしっかりと取ってくれる上質なベッドで大満足でした。

ウェルカムフルーツでリゾート気分がさらに盛り上がる!

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾート「ウェルカムフルーツ」

お部屋にはウェルカムフルーツが!

初日には、ウェルカムフルーツのサービスがありました。

リゾート気分が盛り上がるおもてなしがされているところも、さすがは五つ星ホテルですね。

毎日ベッドの上にお菓子が添えられていました!

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾート「お菓子」

ベッドの上には毎日お菓子が用意されていました!

ベッドメイキングの後には、一日に一つ、お菓子が置かれていました。

こういった心配りもプルマン・ダナン・ビーチ・リゾートに宿泊してよかったと感じるポイントでした。

また、ベッドメイキングに関して言えば、一日に一回ではなく、何度も掃除をしてくれているようでした。

お部屋はライトを全て点けても少し暗い!空調は快適!

部屋は、ライトを全て点けても少し暗かったです。

ゆったり過ごす分には気にならないかと思いますが、部屋で読書などをされるのなら気になるかもしれません。

アメニティは充実!ビーチバッグとサンダルが嬉しい!

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾート「アメニティ」

ビーチサンダルは部屋の外でも使って良い

アメニティは充実していました!
通常の五つ星ホテルにあるものなら揃っていると考えて大丈夫です。

特に嬉しかったのは、ビーチバッグとビーチサンダル。

リゾートへの旅行の場合、水着などの準備する必要があるため、なるべく荷物を減らしたいもの。
プルマンの部屋には、貴重品などをビーチやプールに持ち運ぶためのバッグと、ビーチサンダルが用意されていましたので、これらは自宅から持ってこなくても大丈夫です!
だたし、サンダルはサイズが大きかったので、足の小さな方だと歩きづらいかもしれません。

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートの外観・内観は?

次は、プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートの外観や内観についてご紹介します。

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートの外観

プルマンの正面玄関がこちら

上の写真は、プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートの正面です。

とても堂々とした雰囲気を持つ、ビルディングタイプのホテルです。

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾート「内観」

開放感のあるロビー天井

内観は、「開放感」にとことんこだわって造られているように感じました。

日中はいたるところのドアや窓が開けられ、風が気持ちよかったです。

また、木の温もりも感じられるので、癒やされました。

プルマンに宿泊するなら、観光に行かずホテルステイをして過ごすというのも良いなと感じました。

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートの清潔さは?

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾート「清潔さ」

さすがは五つ星ホテル!清潔さはお墨付き

清潔さに関して言えば、驚きの連続でした。

どの時間帯にホテルに居ても、常に清掃スタッフの方が清掃をしていたからです。

灰皿は一本の吸殻もなく、常に綺麗に片付けられており、喫煙者の方なら気持ちよく感じるのではないでしょうか。

上でも少し触れましたが、お部屋の掃除も一日に数回してくれているようです。

観光に出て、ホテルに帰ってくると、毎回綺麗な部屋で過ごすことができ、大変満足でした。

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートの接客は?

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾート「接客」

従業員の方たちは明るく笑顔

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートの従業員の方たちは、明るく笑顔で声をかけてくれましたので、すごく良い印象を持ちました。

英語ができないスタッフも居ましたが、ベトナム語で「xin chao(シンチャオ)」と声をかけてくれ、嬉かったのを覚えています。

従業員の指導にも力を入れられている良いホテルでした。

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートのプールは?

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾート「プール」

ビーチチェアでのんびりくつろぐことができます

プールサイドには、たくさんビーチチェアがあり、足を伸ばしてのんびりと過ごすことができます。

また、座るとすぐにプールボーイが冷たい水のボトルとコップを持ってきてくれました。

もちろん、プールサイドで飲み物や食べ物を頼むこともできます。

ビーチチェアには大判のバスタオルが掛けられていますので、自宅から用意してくる必要はありません。

プールは清潔感があり、気持ちよく泳ぐことができます。

夜にはライトアップされてムーディな雰囲気になりますので、一度くらいは夜のプールを利用するのもおすすめです。

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートのプライベートビーチは?

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾート「プライベートビーチ」

お洒落なプライベートもあります!

プールの先には、ホテルのプライベートビーチがあります。

白を基調としたソファなどが置かれており、こちらでくつろぐのもオススメです。

ビーチサッカーやビーチバレーなどを楽しむことができますので、親子連れやグループでの利用も楽しいのではないでしょうか。

また、ボディボードやサーフィン、カヌーなども無料で楽しむことができますので、アクティビティを楽しみたい方にもオススメです。

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートの朝食は?

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾート「朝食」

ビュッフェスタイルの朝食も美味しくて満足

朝食はビュッフェスタイルでした。

室内またはテラス席のどちらかを利用することができ、毎朝どちらが良いか確認してもらえました。

朝食メニューの種類は豊富で、ベトナム料理はもちろんのこと、韓国料理や日本食もありました。
味噌汁は日本の味付けでしたので、異国の味に疲れてしまった方にオススメです。
その他にも、サラダやフルーツ、パンやハムなどが数種類ずつ用意されていましたので、どれを取ろうか悩んでしまうほどでした。

卵メニューは、目玉焼きやスクランブルエッグ、エッグベネディクトなど、お好みの調理法で作ってもらえます。

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾート「朝食のフォー」

絶品のフォーも目の前で調理してもらえます

上の写真のように、フォーも日替わりメニューの中から選んで作ってもらうことができます。
すごく美味しいフォーで、大満足でした。
なお、トッピングは自由にすることができますので、パクチーが苦手な人でも大丈夫です。

個人的に気に入ったのは、アイスクリーム。
すごく濃厚で美味しかったので、プルマンに宿泊されるのなら一度お試しください。

朝食会場となるレストランは、「Epice Restaurant(レストランエパイス)」です。

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートのレストランは?

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾート「レストラン」

Azura Beach Loungeで食べた絶品シーフードプレート

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートには、

  • Epice Restaurant(レストランエパイス)
  • Azura Beach Lounge(アズラ・ビーチ・ラウンジ)

の二つのレストランがあります。

レストランエパイスは、6:30~11:00の間が朝食会場となり、11:00~22:00まではフュージョン料理を楽しめるレストランとして利用することができます。

アズラ・ビーチ・ラウンジは、ホテルのプライベートビーチとプールに沿って建てられています。
店内はもちろん、テラス席もあります。

私も夜にテラス席を利用したのですが、ライトアップされていて、幻想的な雰囲気の中で食事を楽しむことができました。
上の写真のシーフードプレートは、生牡蠣、ボイルした海老、マグロとサーモンのお刺身、サラダが盛られていて、どれを食べても美味しかったです。

その他のメニューも充実しており、肉料理や軽食もありましたので、雰囲気の良いレストランでゆったり食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

アズラ・ビーチ・ラウンジの営業時間は、12:00~24:00です。

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートのバーは?

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾート「インフィニティバー」

開放感のあるインフィニティバーは居心地が最高!

プルマン・ダナン・ビーチ・リゾートのロビー付近には、8:00~23:00まで営業しているインフィニティバーがあります。

ホテル滞在中、このインフィニティバーを何度も利用しました。

チェックイン・チェックアウト後のちょっとした待ち時間や観光に出かける前のスケジュール相談、帰ってきてからのホッと一息など、とても使い勝手の良いバーでした。

しかも、五つ星ホテルのバーにもかかわらず、よく冷えたビールや美味しいカクテルをとてもリーズナブルな価格で頂けました。

コストパフォーパンス抜群の飲み物を、開放的で爽やかな風にあたりながら飲んでいると、すごく癒された気持ちになりましたので、プルマンに宿泊されるなら利用されることをオススメします。

ダナンに行きたい!ツアーや航空券はどこで申し込む?

私は今回のダナンの旅行を、HIS(エイチアイエス)で申し込みました。

申し込んだ内容は、往復の航空券+ホテルのパッケージツアーです。

上記のバナーをクリックすれば、HIS(エイチアイエス)の公式ホームページに飛ぶことができますので、ぜひチェックしてみてください。

HIS(エイチアイエス)を利用してよかったところは?

HISを利用して良かった点として挙げられるのは、ダナン空港とホテルの送迎をしてもらえる点。

ダナンは比較的小さな町なので、タクシーで十分移動できますが、到着してすぐだとフライト疲れもあるので、できればゆったり移動したいところ。
HISのプランには空港到着後にホテルまでの送迎が付いていましたので、この点はすごく有り難かったです。

また、この日本語ガイドの方がすごく良い方で、チェックイン時にホテルのフロントと話をしてくれ、ホテルのスパ「ザ・ナンスパ」の30分無料マッサージ券を付けてもらうことができました。
スパの本格的なマッサージは本当に気持ちよく、無料で受けることができて本当にラッキーでした。
※同じツアーで参加された親子連れの方たちも同じようにスパの無料マッサージ券をサービスしてもらっていました。

帰り(ホテルから空港)の日本語ガイドの方も明るく気さくな方で、空港でのチェックインを手伝ってくださいました。
こういった点も、HISのツアーを利用するメリットと言えそうです。

海外旅行に強いHISだからこそ、他社より比較的低価格で、質の良いサービスを受けられるのかもしれません。

私はいつも海外旅行はエイチ・アイ・エスを利用していて、今まで不満だったことは一度もなく、大満足の旅行となっています。

ノスタルジックな雰囲気のダナンで癒しの時間を

ノスタルジックな雰囲気のダナンで癒しの時間を

アジアリゾートに行くならダナンはいかがですか?

ダナンについて、体験談を交えながら様々な視点からご紹介していきましたが、いかがでしたか?

  • 海外リゾートに行きたい
  • 比較的低予算で楽しみたい
  • 異国情緒を感じたい
  • 王道ではなく話題になるようなリゾートが良い

このように感じられている方は、ぜひダナンへ。

ノスタルジックな雰囲気の中、ゆったりとした癒しの時間を過ごすことができますよ。

管理人のイチオシサイト

  • trivago(トリバゴ)は、人気のホテルや宿の最安値を簡単に検索できるサイトです。
    検索できるホテルは、国内だけでなく、海外も!
    まずはtrivagoで泊まりたいホテルや宿の最安値をチェックしてみてはいかがでしょうか。