乗り物についてあれこれ調べてみました。

ジェットスターの手荷物事情やチェックインカウンターの場所・搭乗手続きの流れ、激安チケットを買う方法をご紹介!

投稿日:2016年6月21日
更新日:

ジェットスターの手荷物事情やチェックインカウンターの場所・搭乗手続きの流れ、激安チケットを買う方法をご紹介!

最低価格保証がアツい!ジェットスターについてご紹介します。

スカイマークソラシドエアスターフライヤーについては過去にご紹介させていただきましたが、続編として今回はジェットスターについて取り上げさせていただきます。

ジェットスターとは、JALとオーストラリアのカンタスグループが出資する2012年7月に就航を開始した格安航空会社(LCC)です。

拠点となるのは成田空港と関西空港で、少しずつ路線も拡大しており、最大の特徴といえるのが「最低価格保証」を打ち出している点。

この「最低価格保証」とは、ジェットスターと同じ路線の同じ時間帯の他社航空会社の航空運賃がジェットスターよりも安かった場合に運賃を10%も安くするという保証です。

LCCですのでサービスの部分が有料にはなっていますが、他の航空会社に比べて最大で40~50%も航空運賃が安いので、若者を中心に人気を集めています。

現在の就航路線は、下記のとおりです。

  • 成田空港―関西空港
  • 成田空港―新千歳空港
  • 成田空港―新千歳空港
  • 成田空港―那覇空港
  • 成田空港―大分空港
  • 成田空港―鹿児島空港
  • 成田空港―熊本空港
  • 成田空港―松山空港
  • 成田空港―高松空港
  • 関西空港―新千歳空港
  • 関西空港―新千歳空港
  • 関西空港―那覇空港
  • 関西空港―熊本空港
  • 中部空港―新千歳空港
  • 中部空港―新千歳空港
  • 中部空港―那覇空港
  • 中部空港―鹿児島空港

なんとその数17路線!利用者が年々多くなっているのも頷けますね。

今回はそんなジェットスターの搭乗手続きの流れや空港カウンターの場所と激安チケットの買う方法についてご紹介いたします。

空港別!ジェットスター空港カウンターの場所と営業時間

まず最初に、カウンターの場所をご案内いたします。

搭乗当日は何かとバタバタしますので、事前に確認しておきましょう。

ジェットスター空港カウンターについて
成田空港場所成田空港第3ターミナルビル2階
※第3ターミナルは第2ターミナルより離れており、徒歩で約15分、無料シャトルバス利用で10~15分程度かかります。
営業時間24時間
関西空港場所関西空港第1ターミナルビル2階
関西空港のLCCターミナルは通常第2ターミナルですが、ジェットスターは第1ターミナルです。
営業時間24時間
新千歳空港場所新千歳空港国内線ターミナルビル2階
営業時間6:20~23:00まで
中部空港場所中部空港ターミナルビル3階
営業時間5:10~23:30まで
高松空港場所高松空港ターミナルビル1階
営業時間6:00~21:40まで
松山空港場所松山空港ターミナルビル1階
営業時間6:20~最終便到着まで
大分空港場所大分空港国内線ターミナルビル1階
営業時間6:30~最終便到着まで
福岡空港場所福岡空港国内線第1ターミナルビル1階
営業時間5:30~22:00まで
熊本空港場所熊本空港国内線第1ターミナルビル1階
営業時間5:30~22:00まで
鹿児島空港場所鹿児島空港国内線第1ターミナルビル1階
営業時間6:30~最終便到着まで
那覇空港場所那覇空港国内線ターミナルビル3階
※他社LCCはLCCターミナルを利用していますが、ジェットスターは国内線旅客ターミナルとなります。
営業時間6:00~24:00まで

ジェットスターの搭乗までの流れ

次に、ジェットスターの搭乗までの流れを確認していきましょう。

まずは搭乗手続き(チェックイン)

空港に着いたら、まずは搭乗手続き(チェックイン)をしましょう。

ジェットスターでは、各空港に設置されている自動チェックイン機またはジェットスターチェックインカウンターで搭乗手続きをします。

カウンターチェックインや受託手荷物の受付開始時刻は、基本的に出発時刻の2時間前となりますが、一部空港ではターミナルの営業時間により異なる場合がありますので注意しましょう。
また、カウンターチェックイン・受託手荷物の受付締切時刻は、出発時刻の30分前までとなります。

30分前までにチェックインができないと搭乗できないことがありますので、必ずゆとりを持って搭乗手続きを行いましょう。

搭乗ゲートに移動しましょう

搭乗ゲートへは、出発時刻の25分前までに到着する必要があります。

搭乗ゲートへ到着する前に保安検査場を通過する必要がありますので、締切時間には十分に注意しましょう。

さらに、出発時刻の15分前になると搭乗を締め切ります。
この時間を過ぎてしまうと、搭乗ゲート付近に居たとしても搭乗を拒否されてしまいますので、注意が必要です。

ジェットスターの搭乗手続きで注意することは?

最後に、ジェットスターの搭乗手続きで注意すべき点をご案内いたします。

まず、ジェットスター便を利用する際には大人や子どもに関わらず、全ての搭乗客が有効な身分証明書を携帯する必要があります。

この有効な身分証明書とは、顔写真付きの期限が切れていない身分証明書となります。

国内線利用時の提示の際に使用可能とされているものは、

  • 顔写真付き住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 運転免許証
  • 学生証

のいずれかとなります。搭乗の際には忘れず持参するようにしましょう。

チェックインで気をつけるべき点としては、

  • 同一の予約番号で10名以上の団体で予約している
  • 国際線ターミナルから出発する国内線フライトを予約している
  • 車椅子や移動補助具を預ける
  • 補助犬を連れて搭乗する
  • 特別介助が必要
  • お子様連れ

のどれかに当てはまる際は、自動チェックイン機ではなく必ずカウンターでのチェックインが必要となります。

うっかり忘れてしまうと余計な手間がかかりますので、自動チェックイン機が利用できるかどうかを事前に確認しておきましょう。

ジェットスターの手荷物事情!注意点とポイントとは?

旅行に手ぶらで行く人は、さほど多くはないでしょう。
大なり小なり荷物を持って旅に出たり、あるいは出張に行ったりすると思いますが、旅行や出張で格安航空会社のジェットスターを利用するときには、少し注意したほうがいいかもしれません。

ジェットスターは、格安航空チケットを提供する代わりに、非常に厳しい荷物の預かり基準を設けています。
これを知らないと、思わぬ出費を余儀なくされてしまいます。

ここからは、ジェットスターの受託手荷物の基準や料金についてまとめます。
旅行や出張に行く前に、ぜひチェックしておいてください。

ジェットスターは少しの基準オーバーも許さない?

どの航空会社でも、ある一定の基準を超えると、機内へ持ちこめなかったり預ける際に別途料金を請求されることがあります。
それ自体は不思議なことではありませんが、ジェットスターに限っては、その基準が非常に厳しく、ほんの少しでもオーバーすると受託手荷物となり、その料金を請求されてしまうのです。

もちろん、基準そのものは事前にアナウンスされていることですし、その基準は守らなければならないものなので当然のこと。
ただ、ジェットスターの基準はとても細いため、「このくらいなら大丈夫だろう」と他の航空会社の基準で勝手に考えず、しっかりと知識を頭に入れておくことが求められるのです。

特に心得ておきたいのは、ジェットスターのこの基準と厳しさは国内でもトップクラスだと言われていること。
もし、あらかじめ決められたこの基準を1cm、あるいは1gでもオーバーすればアウト。
この点に関する「甘さ」をこのジェットスターに期待するのはやめておきましょう。

ちなみに、ジェットスターが機内に持ち込めるとしているのは、基準以内のバッグと身の回り品1つまで。
身の回り品は、例えばハンドバッグや財布、ノートパソコン、財布などとなっています。

ジェットスターの無料で持ち込める荷物の基準は?

では、実際にジェットスターの機内に無料で持ち込むことができるのは、どの程度の荷物なのでしょうか。
上で少し紹介した「基準以内のバッグ」の、その基準についてまずは見ていきたいと思います。

このバッグの基準ですが、横幅と高さと幅の3辺の合計が115cm以内のものと規定されています。
例えば、横幅が56cmで、高さが36cm、幅が23cmのバッグがあれば、これの3辺の合計はちょうど115cmとなり、ギリギリセーフ。
これを少しでも越えればアウトとなるわけです。

この基準内のバッグと身の回り品1つまでは無料で持ち込めるものの、それらを合わせた重量が7kg以内でなければならないという規定もあるので要注意。

旅行となるとこの7kgをクリアするのはなかなか難しいはず。
やはり、かなり厳しい基準であると言わざるを得ないでしょう。

もちろん、こうした規定があるからこそ格安の航空チケットを手に入れることができているとも言えるので、あとはそのバランスをそれぞれの人がどう考えるのかなのかもしれません。

搭乗ロビーや搭乗ゲートなどで、もし自分の持っている荷物がこの基準をオーバーしていることが発覚すれば、当然、それは受託手荷物扱いとなり、そのための料金を別途請求されてしまいます。

次は、この受託手荷物の料金について見ていきましょう。

ジェットスターの受託手荷物の手数料はいくら?

もし手荷物が基準をオーバーしてしまい、それに余分なお金を払うことになったとしても、その料金が安ければ、「まあ、そのくらいならしょうがないか」と特に不満に思うこともないでしょう。

しかし、ジェットスターの受託手荷物の料金はそこまで安いものではありません。
特に、ジェットスターの利用客は移動手段にお金をかけずに旅行や出張をしようと考えている人が多いですから、そうした人たちにとっては痛い出費となるのではないでしょうか。

もし、搭乗窓口のカウンターで重量やサイズオーバーが発覚し、その荷物を預かってもらうことになると、2,600円の受託手荷物料が発生します。
保安検査後、搭乗ゲートで荷物を預かってもらうことになると、3,000円の料金が発生。
いずれも15kgまでという条件付きですが、そこそこ高いお金を持っていかれてしまいます。

インターネットによる事前予約を行っていない場合、つまり、当日に「この荷物を預かって欲しいのですが」とカウンター等で申し出た場合、国内線では上で触れたように2,600円(15kg以内)かかり、アジアの国間の国際線では4,000円、オーストラリアを発着とする国際線では16,000円の料金がかかってしまいます。

もし15kgをオーバーすると、国内線の場合は1kg増えるごとに800円ずつアップし、アジアの国間の国際線とオーストラリア発着の国際線では同じく1kg増えるごとに1,500円ずつ加算されていきます。

クラスによって異なるジェットスターの受託手荷物の手数料

上で紹介した受託手荷物の手数料は、エコノミークラスの「Starter」と呼ばれる運賃タイプに限ったもの。
ジェットスターではその他にもクラスや運賃タイプがいくつか存在し、それによってこの受託手荷物の規定や手数料が異なってきます

あらかじめそれなりの大きさの荷物を持って移動することがわかっているのであれば、それにマッチした運賃タイプを選択しておいた方が絶対にお得。
それぞれのクラスと運賃タイプをチェックし、当日に余計な出費を出さずに済むようなフライト計画を立てておきましょう。

まずは、エコノミークラスから。

このクラスには既に説明済みの「Starter」タイプがありますが、それ以外に「Starter Plus」と「Starter Max」の2つの運賃タイプが用意されています。

「Starter Plus」では、日本の国内線で10kgまで、国内線以外では20kgまでの荷物を無料で預かってもらうことができます。

「Starter Max」では、30kgまで無料と、他の2つのタイプと比べると、かなり余裕があることがわかるでしょう。
別途料金を支払うことで、トータル40kgまでの範囲内(無料の30kg分にプラスして10kgまで)で荷物を追加することが可能です。

エコノミークラスよりもグレードの高い「ビジネスクラス」ですが、ジェットスターには「Business」と「Business Max」の2つの運賃タイプが用意されています。

運賃タイプは2種類ですが、「Business」と「Business Max」はともに30kgの荷物まで無料であり、「Starter Max」と同様に、有料でトータル40kgまでであれば荷物を追加することが可能です。
つまり、ビジネスクラスに関してはタイプによってこの規定が変わるわけではありません。

ちなみに、バッグなどは1つの重さが32kgまでと定められています。

トータルで40kgまでと上で説明しましたが、1つのバッグが例えば38kgあった場合、お金を払えば預かってもらえるわけではなく、32kgを超えているため追加料金を支払っても預かってもらうことが不可能となるのです。
2つのバッグに分けるなどしなければ「受託手荷物」の対象外となってしまうので要注意。

バッグの数自体には規定がありませんから、折りたためるバッグをいくつか用意してくことでこの問題をクリアすることができるでしょう。

ジェットスターは申し込みのタイミングによっても受託手荷物料金が異なる!?

ジェットスターの受託手荷物の料金は、それの申し込みを行うタイミングによって若干上下します。
簡単に整理してしまうと、インターネットで早めに申し込みをすると安くなる、と言えそうです。

チケットの予約と受託手荷物を預かってもらうための申し込みを別々に行うことができますが、予約と同時に申し込むことで予約後に申し込むよりもかなり安く受託手荷物を預かってもらうことができるのです。

当然、当日に空港で申し込むケースが最も高くつきます。
これは既に上で説明した通りですが、「荷物がないことは考えられない」というのであれば、チケット予約と同時に受託手荷物に関しても申し込んでおかなければいけません。

それが、ジェットスターをより安く利用するコツとなります。

また、ゴールデンウィークや夏休みなど多くの人が飛行機を利用する時期は、受託手荷物料金も高くなるので、この点についても知っておきましょう。

ジェットスターを利用する場合、荷物が多めの自覚があれば事前に予約を

初めて旅行に行く、あるいは出張に行くという人は仕方ないかもしれませんが、何度も飛行機に乗ったことがある、新幹線で旅行をしたことがあるという人であれば、自分がどれくらいの荷物を持つのかは大体把握できるはず。

ジェットスターの利用が初めての人は、今まで以上にこの荷物についての意識を高めておきましょう。

航空チケットを格安で購入できたとしても、荷物のせいで高い受託手荷物料金を支払わされてしまっては意味がありません。

荷物の量をあらかじめ想定し、それに見合ったクラスや運賃タイプを選択することで、こうした無駄な出費を抑えることができます。

申し込みのタイミングによっても料金が変わってきますから、しっかりと調べた上で、できれば事前にインターネットで予約し、最もお金をかけないで目的地に行ける、あるいは帰って来られる方法を見出しておくことをお勧めします。

常に荷物と重量を意識してジェットスターで空の旅を楽しみましょう

余計なお金を支払いたくないのであれば、普段から荷物の重さや大きさなどを気にしておくといいかもしれません。

感覚的に重さや大きさを把握することができるようになれば、例えば旅行先でお土産などを購入する時にもその重量や大きさを予測しやすくなるでしょう。

飛行機に乗る前にそれがわかっていれば、空港で受託手荷物として別途料金を請求されてしまっても、「想定の範囲内」と冷静でいられるはず。

最初から最後までストレスを感じずに旅をするためには、こうした感覚も求められるのかもしれません。

ジェットスターのサイトを見る習慣を

もう一つ、手荷物等に関して日本で最も厳しい基準を持つといわれるジェットスターのオフィシャルサイトを頻繁にチェックする習慣も身につけておいてもらいたいところです。

オフィシャルサイトでは最新情報が次々と更新されていきます。
受託手荷物の基準や料金も、いつ変更になるかわかりません。
常にチェックし、その情報を仕入れた上で旅行の計画を立てるべきでしょう。

また、メールマガジンに入会すれば、セール情報などお得な情報も入手可能。
安さを何よりも優先するのであれば、このメルマガ登録は避けて通ることができません。

ANAなど他の航空会社のサイトもチェックし、また、カード会員になったりメルマガ登録などをしておくと、より自分にピッタリな旅行プランを作り出すことができるはず。

こうしたことを面倒だと思わないことが、安く楽しい旅にする秘訣なのかもしれません。

ジェットスターの激安チケットをゲットするためには?注意点も合わせて紹介します!

ある時期を境に、飛行機のチケット代が驚くほど安く手に入るようになりました。

「格安航空会社」などと呼ばれるものが多数登場し、それによって夢のような価格で飛行機に乗ることが可能となっているのです。

その代表的な存在が、「ジェットスター・ジャパン」です。

ジェットスターは、オーストラリアの航空会社であり、格安航空会社、いわゆる「LCC」の名を日本中に広めた存在だと言っても過言ではないでしょう。

国内の移動、例えば東京と大阪の間を行き来する場合、片道で4,000円を切る航空チケットがジェットスターから売り出されています。
新幹線やその他の航空会社を利用したことがある人であれば、これがどれだけ安いのかはわかるはず。

また、超がつくほど激安のチケットでは、東京から沖縄まで1000円以下で移動できてしまいます。
これはジェットスターが行っているセール時の価格ですが、これまでは考えられなかったこのような数字を現実のものとしている点が、ジェットスターの最大の特徴なのかもしれません。

セールが行われている時にこの激安チケットを手に入れるにはどのような意識を持っておくべきなのか、また、格安航空チケットのデメリットなどにもフォーカスを当てながら見ていきたいと思います。

飛行機での移動にお金をかけたくないならジェットスター!

上で紹介したような超激安航空チケットをセールによって手に入れることができれば、移動手段に余計なお金をかけずに済むでしょう。
これは、旅行先で使用するお金を最大限有効活用することにもつながります。

例えば、泊まるホテルのグレードを上げたり、料理などにこだわったりすることもしやすくなるはずです。
興味のあるアクティビティの全てを体験できるかもしれません。

そもそも、セールとはいえなぜジェットスターはここまで安いチケットを販売することができるのでしょうか。

後で説明しますが、まず、余計なサービスを排除している点が挙げられます。
乗客を目的地に運ぶこと以外のサービスを最小限に抑えることで、超激安チケットを実現しているのです。

また、多くの人が飛行機を利用する繁忙期ではなく、利用者が比較的少ない時期に、空席ができるだけ埋められるようセールを仕掛けるという手法もとっています。

チケットが残ってしまうよりは、激安でさばいてしまった方がいいという考えを持っているわけです。

こうした理由や手法があるからこそ利用者にとっては心配してしまうほど安いチケットを販売することができ、ジェットスターの経営には大きなダメージを与えずに運営することができるのです。

移動手段はできるだけ安く、この意識が高い人はジェットスターを選択するとともに、セールを狙って超激安チケットを手に入れることをおすすめします。

ジェットスターの激安チケットを手に入れるための知識と準備

セールには人が殺到する、これはデパートなどで昔から見られる光景ですが、インターネットでチケットの予約ができるジェットスターでも例外ではありません。
超がつくほど激安なチケットが販売されれば、それに群がる消費者がいるのは必然でしょう。

つまり、超激安チケットは争奪戦となり、予約したいからといって必ず手に入るとは限らないのです。
果敢にトライしても空振りしてしまうことも多々あるはず。

ここでは、その激安チケットを手に入れるための方法について触れていきます。
もちろん100%の予約確定を保証するものではありませんが、何もしないよりは確率が上がるはずです。

ジェットスターが安売りをするのはいつ?

まず知っておきたいのが、セールが行われるタイミングです。

既に触れているように、黙っていても予約が集まる繁忙期には滅多にセールは行われません。
セールが行われ激安チケットが販売されるのは閑散期。

例えば休みが比較的少なく天候も悪い6月のチケットは、セールの対象となることが多いようです。

ただ、6月にジェットスターのサイトなどをチェックしても意味はありません。
セールが行われるのは大体2か月前と言われていますから、6月に利用するチケットを手に入れるなら4月頃からチェックしておく必要があるでしょう

ただ、こんなシンプルな考え方で常にセールに勝利することができるわけではないので要注意。

やはり、常にチェックをしておき、目当てのチケットが激安で販売されたらすかさず購入しておく、この意識が求められそうです。

ジェットスターの激安チケット情報を手に入れる方法

運を天に任せるのは、あまり効率的ではありません。
また、常に情報をチェックすることも、仕事などをしていればなかなか困難でしょう。

ジェットスターの激安チケットを手に入れたいのであれば、セールにつながる情報をできるだけ多く収集しておくことがカギを握ります。

例えば、ジェットスターのメールマガジンに登録しておけば、それを購読していない人よりも早くセール情報をゲットすることができるはず。

同じように、ジェットスターのSNSアカウントをフォローし、そこから情報を得ておくことでも、セールのタイミングを予測することができるでしょう。

入会金や年会費がかかりますが、「Club Jetstar Japan」の会員になるという方法もあります。
メルマガやSNSのアカウントのフォローは誰もができることですが、会員にまでなっている人は限られてくるので、絶対に激安チケットを手に入れたいのであれば、この方法はスルーできません。

「Club Jetstar Japan」の会員となれば、ホテルを安く予約できたり旅行先で重宝するWi-Fiサービスを、これも安く利用できたりなどしますから、旅好きの人であれば入会金や年会費を支払っても全く無駄になることはないのではないでしょうか。

チケット予約を逃さないために用意しておきたいアクセス網

セール情報を手に入れられても、実際にチケット予約サイトなどにアクセスできるネットワークを持っていなければ意味がありません。

多くの人はインターネットを利用して予約を試みると思いますが、パソコン1台では少々物足りないでしょう。
本気で激安チケットを狙っている人はそれ以上のアクセス網を揃えているため、こちらもそれだけの設備を整えて臨む必要があるのです。

パソコンはもちろん、スマートフォンも用意しておくこと。
タブレットなどがあれば、それもフル活用しましょう。
「Loppi」などコンビニの端末を利用して予約をすることも可能です。

それくらい用意していなければ、超がつくほどの激安チケットは勝ち取れないと心得ておいてください。

安さばかりに意識を持っていかれると危険?

ジェットスターのチケットは確かに安い、これは間違いありません。
セールとなればさらに安くなるため多くの人が魅力的に感じ、それに飛びつきます。

しかし、そこにばかり意識を持っていかれると、他の部分が見えなくなり少し危険。

これから紹介する格安や激安の航空チケットを手に入れる時の注意ポイントも、ぜひ押さえておいてください。

ジェットスターの格安・激安チケットを手に入れたいなら早めの決断を

金銭的な利益を得ようとした場合、慎重になりすぎてその機を逸するということがよくあります。
投資などでよく見られる光景ですが、これは、格安や激安のチケットを手に入れる時にも同じようなことが言えるのではないでしょうか。

つまり、「まだ安くなるのではないか」という気持ちを持っていると、本当に安いチケットを逃してしまうかもしれないということ。
セール時には、特にこのようなことが起こりがちです。

「もうちょっと安くなってから」という思いが予約の決断に躊躇を生み、いつの間にかソールドアウトになってしまう、これではもったいないですよね。

格安や激安の航空チケットを手に入れるのであれば、早めに決断しましょう。
底値で買おうとは思わず、少しでも得だと思ったら予約しておくことです。
もしそのチケットが他の人の手に渡ってしまえば、正規の高いチケットを買わなければいけなくなってしまうのですから。

ジェットスターの「安さ」の代償となり得るデメリットとは?

最初の方で触れた、ジェットスターの航空チケットの安さの理由を覚えているでしょうか。
余計なサービスを排除し、乗客を運ぶことに特化していることが安さの理由の一つとなっています。

しかし、飛行機に乗るときには他にも利用したいサービスがいくつか出てくるはず。
荷物を預けたり、機内での食事や飲み物等の提供など、飛行機に乗るときには当たり前のように受けられるサービスが、格安航空会社では受けられないことも珍しくなく、もしそうしたサービスを受けたいのであれば別途料金を支払う必要が出てきてしまうのです。

空港からの移動手段や泊まるホテル、こうしたところにまで影響が及ぶことも考えられるでしょう。

しっかりと計画していれば大丈夫だとは思いますが、格安チケットを手に入れることにのみ注力するとその他がおろそかになる恐れがある点は、デメリットとして認識しておく必要があるのかもしれません。

チケットの価格だけではなく、「本当に必要なのはそのチケットか」という点もしっかりと確認した上で予約するようにしましょう。

それができれば、安さの恩恵を十分に受けることができるはずです。

今後ますます利用頻度の増えそうなジェットスター

いかがでしたでしょうか?

路線を拡大し、最低価格保証も打ち出すジェットスターは、今後ますます利用頻度の増えそうな格安航空会社です。

今回ご紹介させていただいたジェットスターの情報を参考にしていただき、激安の空の旅を楽しんでもらえれば幸いです。

管理人のイチオシサイト

  • trivago(トリバゴ)は、人気のホテルや宿の最安値を簡単に検索できるサイトです。
    検索できるホテルは、国内だけでなく、海外も!
    まずはtrivagoで泊まりたいホテルや宿の最安値をチェックしてみてはいかがでしょうか。