乗り物についてあれこれ調べてみました。

タバコは機内に持ち込める?タバコやライターの持ち込み制限まとめ

投稿日:2016年8月15日
更新日:

タバコは機内に持ち込める?タバコやライターの持ち込み制限まとめ

タバコやライターは機内に持ち込めるの?

飛行機を利用する楽しい旅行や大事な出張の荷造りをしている最中、愛煙家にとって気になるのが、機内へのタバコやライターの持ち込み制限ではないでしょうか。

そこで今回は、愛煙家の皆様に欠かせないタバコやライターの国内線飛行機内への持ち込み制限についてご紹介いたします。

加熱式タバコや電子タバコってどんなもの?身体への影響(害)は?種類やタイプ比較、おすすめランキングをご紹介!




タバコや電子タバコは飛行機内に持ち込める?

タバコ類は機内に持ち込むことができ、個数の制限もありません。

電子タバコには持ち込む際の注意事項が、ライターには持ち込みに制限がありますので、それぞれについて詳しくご案内させていただきます。

紙巻たばこの機内持込ルールは?

国内線において、紙巻タバコに機内持込制限はありません。

手荷物として機内に持ち込む場合は、航空会社ごとに定められている手荷物のサイズ内に収まるようにして持ち込みましょう。

電子たばこの機内持込ルールは?

電子タバコについても、機内に持ち込むことができます。

ただし、手荷物として持ち込む場合は、

  • リキッド漏れを防ぐために袋でしっかり包む
  • ショートさせないために購入時に付属していた容器に収納する
  • テープで端末を保護する

などの対処が必要となります。
また、バッテリーは必ず絶縁しておきましょう。

電子タバコのバッテリーは機内で充電することができませんので、こちらも注意しておきましょう。

加熱式タバコや電子タバコってどんなもの?身体への影響(害)は?種類やタイプ比較、おすすめランキングをご紹介!

ライター・マッチの持ち込みルールは?

ライターやマッチは、航空会社に預けて運ぶこと(受託手荷物にする)ができないため、必ず機内に持ち込む手荷物に分類しておきましょう。

個数も定められており、一人一個までとなります。

機内に持ち込める種類は、

  • 使い捨てライター
  • ZIPPO等の綿にオイルを染み込ませるタイプのライター
  • マッチ

となり、葉巻ライターやオイルタンク式ライターは機内に持ち込むことはできませんので、注意しましょう。



飛行機内で喫煙したらどうなる?

タバコやライターは機内に持ち込むことができますが、喫煙することはできません!

座席はもちろんのこと、化粧室なども、全てが禁煙です。

飛行機の化粧室に灰皿が!喫煙してもいいの?

飛行機内の化粧室には灰皿が付いていますが、これは過去に使用していたもので、現在は化粧室内でも喫煙は禁止されていますので、間違って使用しないように気をつけましょう。

現在の新しい機体でも灰皿を取り付けているのは、間違って機内でタバコに火をつけてしまった人が大惨事を起こさないための予防策のため。
飛行機内で喫煙していけないことを知らずに吸ってしまった場合、すぐさま火を消す必要があり、そのために機内が禁煙化された今でも意図的に灰皿が設置されています

灰皿が取り付けられているのは、喫煙をするためではありませんので、誤って火をつけてしまわないようにお気をつけください。

機内は密閉された特殊な空間ですので、飛行中に火災が発生しても機外に脱出することができないため、喫煙をはじめとする全ての火気が厳禁。
さらに、化粧室で発生した火災や煙などの異常は乗務員が気付きにくく、トイレットペーパーといった燃えやすい紙類も多いため、感知器が設置されています。

この感知器が作動すると、機長の判断で最寄空港に緊急着陸するか、出発空港へ引き返すといった措置がされるため、喫煙は搭乗する前に決められたスペースで済ませておきましょう。



搭乗中の禁煙がツラい場合の対処法をご紹介!

機内禁煙は分かっていても、長時間のフライトでずっと喫煙できないのはツラいものですよね。

最後に、どうしても吸いたいときのオススメ対処法をご紹介いたします!

機内でニコチンガムを噛む

タバコを吸いたくなる理由のほとんどが「口が寂しい」ではないでしょうか?

ニコチンが含まれたガムを噛んで、「口が寂しい」から起きる「タバコを吸いたい」という衝動を回避しましょう!

ニコチンガムが無い場合は、通常のガムや飴でも多少の効果があると思いますので、機内で吸いたくなってしまった場合はぜひお試しください。

ニコチンパッチを貼っておく

ニコチンガムより強力なのがニコチンパッチです。

こちらは使用方法を守らないと副作用が起きる場合がありますので、使用上の用法・容量をしっかり確認した上で使用するようにしましょう。



喫煙時間を機内では別の時間として過ごす

飛行機内へのタバコやライターの持込事情をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

愛煙家にとって喫煙できないフライト時間は少々ツラいものがありますが、いつもはタバコを吸っている時間を読書や音楽を聴く時間に変えて、のんびり空の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

こちらもおすすめ!あわせて読みたい記事

加熱式タバコや電子タバコってどんなもの?身体への影響(害)は?種類やタイプ比較、おすすめランキングをご紹介!

管理人のイチオシサイト

  • trivago(トリバゴ)は、人気のホテルや宿の最安値を簡単に検索できるサイトです。
    検索できるホテルは、国内だけでなく、海外も!
    まずはtrivagoで泊まりたいホテルや宿の最安値をチェックしてみてはいかがでしょうか。